富田興業株式会社(創業: 1923年、代表取締役社長: 富田常一、本社: 東京都台東区、以下:当社)は、2020年7月、サステナブルレザー「LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)」と同レザーを展開する取り組み「LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)プロジェクト」を発表します。

1,「LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)」とは
LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R))は、食の副産物である皮の鞣しや染色に、植物由来の副産物を再活用するサステナブルな革づくりです。

 【 レッザボタニカ(R) ビーノ・ボルドー色とワインポマース 】

       【 LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎) STORYビデオ 90秒 】



皮(Skin)は、腐らないようしなやかに鞣すことで革(Leather)になります。代表的な鞣し方法としては、植物タンニン鞣し、クロム鞣し、オイル鞣しなどがあります。
ポマースとは、搾りかすを指す言葉です。食品加工や製造の現場で生じるポマースは、多くが産業廃棄物として処分されています。当社は、植物鞣しや染色に活用できるポリフェノール、オイル、色素をポマースから抽出することに成功しました。

     【 鞣しドラムと生産現場 】

2,「LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)」プロジェクト
LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)は、サステナブルレザーブランドであると同時に、同レザーを展開するプロジェクトです。
プロジェクトEpisode 1として注目したのが、ワインポマースです。

『レッザボタニカ ビーノ』 は、ワインポマースを鞣しと染色の両方に使用しています。ワインポーマスに含まれるポリフェノールによって、力強さとしなやかさを備えた革が生まれ、深みのある色と抗菌・消臭効果※を叶えることができました。※抗菌:5.7前後(2.2以上抗菌)・消臭96%以上(カケン調べ)

             【革づくりの材料となるワインポマース(搾りかす)】

3,LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)」の旅、とは
LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)プロジェクトの全国の生産者とポマースに出会う旅は、現在進行形です。進行の様子は、SNSライブ配信などを通して随時発信していきます。


Episode 2(6月23日~8月) 飲料メーカーのお茶殻、もみ殻、珈琲のポマース
Episode 3(8月~)     料理店の廃油、渋柿の皮、柑橘類などのポマース
現在それぞれの共創プロジェクトが進行しています。

おいしくいただくという役目を終えてなお、有効な成分を蓄えたポマース。災害や食品ロスにより本来の役目が果たせない農産物。LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)は、副産物 × 副産物 の循環経済(サーキュラエコノミー)を実践します。

              【お茶殻・もみ殻・ワイン柑橘類のポマース】


4,販売方法とパートナーシップについて
(1) カテゴリーごとに1~2製品
   販売は、価値を共有することのできるパートナーシップ制とします。
(2) 共有したいブランド価値
 1. SDGsにおける次の4つのゴールの共有と貢献
   ゴール12 つくる責任つかう責任
   ゴール06 安全な水を世界中に
   ゴール09 産業と技術革新の基盤をつくろう
   ゴール15 陸の豊かさも守ろう
 2. 循環経済(サーキュラエコノミー)への貢献と実践

                   【革を身近に感じる暮らし】

5,レッザボタニカ ビーノ 仕様
品名:レッザボタニカ•ビーノ
素材種類:牛原皮/原皮産国:日本/生産地:日本/鞣し:ワインポマースによるタンニン鞣し/仕上げ:素上げ(オイル)/厚さ:2.0mm/色展開:3色(Col No.2013:グラッパピンク、No.2018ボルドー、No.2019 バーガンディー)/登録商標:登録6235283/抗菌効果:5.7前後(2.2以上抗菌)・消臭効果96%以上(カケン調べ)

                 【レッザボタニカ(R) ロゴマーク

6,LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ(R)︎)」の旅と最新情報・SNS

TOMITA公式 YouTubeチャンネル

  https://youtu.be/0D4YulWKmuk

LEZZA BOTANICA Instagram
  https://www.instagram.com/lezzabotanica/

富田興業公式 コーポレート サイト
  http://www.tomita.co.jp/


配信元企業:富田興業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ