案内標識はなぜ一般道が「青」で高速道路は「緑」? NEXCOに聞いたその理由に納得

視認性を考えたうえで標識令で定められている

「空があんなに青いのも 電信柱が高いのも 郵便ポストが赤いのも みんなあたしが悪いのよ」 という落語の都々逸があったが、一般道の案内標識が青色で高速道路の案内標識が緑色というのも、どこかで誰かが決めたわけで、きちんと根拠と理由がある。

 まず道路標識には「道路標識及び信号に関するウィーン条約」、いわゆる「国連標識」という国際基準があるが、これはヨーロッパ各国が中心で日本やアメリカは批准していない……。

案内標識はなぜ一般道が青色で高速道路は緑色なのか

 一応この「国連標識」によると、案内標識は白と青とされていて日本の一般道の案内標識と一致しているが、日本の場合、標識板の色彩は「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(以下、「標識令」)により定められている。

 NEXCO東日本によると「緑と白、青と白の組み合わせが見やすいという視認性の観点から、標識令における案内標識の様式では高速自動車国道や自動車専用道路では緑と白、一般道路では青と白とされています」とのこと。

同じ緑色でも高速道路によって明るさが違う!

 1963(昭和38)年の名神高速道路開通に向けて標識令を定めるときに、高速道路の案内標識の地色についてもヨーロッパで普及している青か、アメリカ式の緑のどちらを採用するかが検討された。

 その際、夜間に走行実験を行い、ヘッドライトに照らされた青色の反射シートが参加者全員に緑と誤認されたため、昼でも夜でも見え方の変わらない緑色が採用されることになったらしい。

案内標識はなぜ一般道が青色で高速道路は緑色なのか

 なお、国土交通省の資料によると、道路標識の色彩については「標識令」により「緑色」、「青色」とされているのみで、色番号で規定されていないと書かれている。

 ただし(財)日本規格協会によって、保安用反射シート及びテープの色の規格が決められており、道路標識の色彩はこちらを利用するのが原則。

 ちなみにNEXCO各社と首都高速では同じ緑色でも濃さが微妙に違い、首都高グリーンの方が明るい緑となっている。

案内標識はなぜ一般道が「青」で高速道路は「緑」? NEXCOに聞いたその理由に納得