この件は新型コロナの影響ではありませんが、青春の場所がなくなるという人も大勢いるのではないでしょうか。詳細は以下から。

トヨタ自動車と森ビルが東京都臨海部のお台場にある複合施設「パレットタウン」の再開発に乗り出すことが明らかになりました。

これに伴い、パレットタウンに入居するトヨタの大型ショールーム「メガウェブ」や商業施設「ヴィーナスフォート」を建て替え、スポーツ観戦ができる多目的アリーナや新しい商業施設を2025年をメドにオープンするとのこと。

藤和不動産の資料によると、この計画地は以下のとおり。

Googleマップをみると一目瞭然ですが、Zepp Tokyoが再開発計画地に入っています。

これを受けてネット上ではZepp Tokyoが消滅するのではないかと懸念する声が広がっています。

なお、Zepp Tokyoのすぐ近くのダイバーシティ東京プラザには系列のZepp DiverCity Tokyoが入っているため、こちらに統合される形になるのではという指摘もあります。

Zepp Tokyoは6月23日に営業を再開したばかり。現時点で公式サイトに本件についての情報はありません。

東京にはZepp DiverCity Tokyoに加えてZepp Hanedaもあるため、Zepp自体の撤退ということにはなりませんが、思い出の場所がなくなってしまうとなればやはり寂しいもの。新しい日常での新しい展開に期待です。

【「Zepp Tokyo」が消滅?所在地でのトヨタと森ビルによる再開発計画が明らかに】を全て見る

「Zepp Tokyo」が消滅?所在地でのトヨタと森ビルによる再開発計画が明らかに