PayPayは8月1~31日の期間、「PayPay」を使って支払うと、抽選で決済金額の最大10倍(1,000%)のPayPayボーナスを付与する「まちのお店でペイペイジャンボ」キャンペーンを実施する。

さらに6月29日に登録ユーザー数が3,000万人を突破したことを記念して、8月1、2日は抽選で決済金額の最大20倍(2,000%)のPayPayボーナスを付与するキャンペーンも併せて実施する。

「まちのお店でペイペイジャンボ」は、街の中小規模の店舗を対象店舗として実施するもの。1等が当たると決済金額の最大10倍(1,000%)、2等が当たると決済金額の同額(100%) 、3等が当たると決済金額の5%のPayPayボーナス(付与上限:10万円相当/回および期間)が付与される。

また、8月1日8月2日に2日間限定で実施する「3,000万ユーザー突破記念! 大感謝ジャンボ」は、PayPayのキャンペーン史上最大の付与率で、1等が当たると決済金額の最大20倍(2,000%)のPayPayボーナス(付与上限:10万円相当/回および期間)が付与される。

さらに、1等から4等のいずれかが5回に1回の確率で当選するなど、いつも以上に当選機会が広がっている(2等は100%、3等は20%、4等は2%還元)。

加えてPayPayは現在、「あなたのまちを応援プロジェクト」も実施。経済対策として「PayPay」の活用を検討している全国の地方自治体に対し、キャンペーンの運営やプロモーションサポートするもので、静岡県掛川市埼玉県秩父市静岡県浜松市愛知県西尾市をはじめ、12の地方自治体との共同キャンペーンがすでに決定している。

これらの自治体では、対象の店舗でPayPayで支払うとPayPayボーナスが還元されるなどのキャンペーンが開催、もしくは開催予定となっている。
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース