2020年6月30日国際機関が調べた出生率調査で、201カ国の中で韓国が最も低い出生率だった。

 1人の女性が生涯子どもを産む数値が、1.1人。日本の状況も悪化しているが、それ以上に深刻な状況だ。韓国政府もこの数年、出生率向上のための施策を設けているが中途半端なものばかりだ。

 経済も大幅に悪化している韓国では、今後も出生率の下落は止まりそうにない。結婚を望まない女性が増えているため、海外からの花嫁に活路を求めているが、トラブルが多い。

 専門家は「日本人にも悪い人はいるが、その比率が韓国は著しく高い。韓国人男性は、男尊女卑の考え方を持っている人が多く、カンボジアでは、高齢の韓国人男性との結婚出国について制限を設けたほどひどい状況だ。

 韓国に嫁いだフィリピン女性が夫と義母の虐待に耐え切れず、義母に洗剤を飲ませる痛ましい事件も起きている。

 国際結婚は離婚率が高いが、韓国の特殊性もあり、人身売買的な斡旋業者も暗躍しており、ボロボロになって母国に帰国する元花嫁も多い」と説明する。

韓国のイメージ