アメリカに拠点を置くPCパーツ・周辺機器メーカーCorsair(コルセア)は、iCUE LT100 Smart Lighting Towers発表した。台座から46個のLEDが配列された高さ約42センチの棒が垂直に伸びている商品だ。日本での発売は未定。

 価格は129.99ドル。2本セットで、片方はコンセントとPCに接続するベースとなる。59.99ドルで別売の拡張キットを増設でき、最大4本のライトを配置可能だ。

(画像はCorsair公式サイトより)

 「ゲーミング棒」としか表現しようがない商品だが、専用ソフトiCUEを使えばビデオゲームや音楽に合わせてダイナミックに明滅させることができる。また実用的な部分として、L字フックを取り付けてヘッドセットホルダーとして利用できる。利用者の創造性によって、ほかにもマウスコードを引っかけたり、少し改造してコントローラーホルダーとして利用できるかもしれない。

 正面を向けて光らせるだけでなく、壁に向けて光らせれば間接照明としてまた違った雰囲気が得られることもあわせて紹介されている。

(画像はCorsair公式サイトより)

 iCUEとは、同社が展開するゲーミング商品を統合して制御するソフトウェアだ。ファンコントロールシステム監視のほか、ライティングの制御も可能。このソフトウェアを利用すると、対応するキーボードマウスヘッドセット、そしてこのLT100や、PCケース内のファンメモリなどのライティングを一括して変化させられる。

 前述の通り、iCUEを使えばゲーム内のイベントや音楽に合わせてダイナミックに光り方を変えられたり、さまざまなプリセットを使うことで部屋をゲーミングカラーに染め上げることができる。

(画像はCorsair公式サイトより)

 「iCUE LT100 Smart Lighting Towers」は、画面やPCだけではなく、部屋全体をゲーミング化したいという方にはうってつけの商品となるだろう。最大4本使える拡張性を備えたライトとL字フックを使って、あなたなら何をするだろうか。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros