オレンジ色の看板が目印の牛丼チェーン吉野家。遠くから見ても目を引く外観であることが多いが、ツイッターでは「吉野家に見えない吉野家」が発見され話題となっている。

それがこちらだ。

吉野家...?(画像はV林田@vhysdさん提供)
吉野家...?(画像はV林田@vhysdさん提供)

本当に営業しているのだろうか不安になるほど、ひっそりとした外観。屋根布に至っては元の店名か何かを塗りつぶしたような跡がくっきり残っている。

よく見ると入り口付近の外壁と屋根布に、オレンジの店名ロゴが付いているが...全くと言っていいほど吉野家が感じられない。

この写真は、ツイッターユーザーのV林田(@vhysd)さんが2020年6月28日に、

「デリバリー専門の吉野家吉野家感が全然ないので不思議なものを見たような気になってしまう」

コメントを付けて投稿したもの。ツイッター上で注目を集めた。

JタウンネットがV林田さんに聞いたところ、店舗があった場所は住宅地が立ち並ぶ世田谷線上町駅近く。デリバリー専門店とのことだが、吉野家にデリバリー専門店があったこと自体、驚きだ。

ツイッターではこの投稿に対し、

「そんなところにあるんだ......」
「開店前に発見して、なんだこりゃと思ってたです。なので開店して本物であったのだと。。」
パチモンだと思ってしまう」

といった声が寄せられている。

試験的に「デリバリー専門店」をオープン

Jタウンネット7月1日吉野家の公式サイトを確認したが、この店の店舗情報は載っていなかった。

吉野家東京都中央区)の広報担当者に同日取材したところ、こちらの店舗はUber Eatsや出前館といった、宅配業者専用のデリバリー専門店。約1か月前にオープンし、1店舗目のデリバリー専門店として試験的に営業している。

なぜこのような外観になったのか、担当者に聞いてみると、

「(通常の外観だと)お客様が間違えて入ってしまうなど、ご迷惑をお掛けしてしまいます。ですが何もないと、Uber Eatsさんや出前館さんがどこに取りに来ていいか分からないので、簡単に弊社のロゴを出しています」

と広報担当者。店の中では調理が行われているという。

自粛期間を経て活用する機会が増えた宅配サービス。高まるニーズに応じて、今後はデリバリー事業に特化した店舗が増えていくかもしれない。

吉野家...?(画像はV林田vhysdさん提供)