タレントカンニング竹山が、6月29日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。自身に囁かれる“テレビ引退説”に反論した。

この日の番組冒頭、MCを務める竹山は、6月27日に公開された雨上がり決死隊宮迫博之YouTubeチャンネルに登場した動画がきっかけで、テレビ業界内で「竹山がテレビを引退する」という噂が出ていることに言及。

竹山は「個人的な話で申し訳ないんですけど」と前置きした上で、「ずっと前から宮迫さんに出演を依頼されていて、お世話にもなっているので、YouTubeに出たんですよ」と切り出し、「ちょうど同じ時期に、仲間たちと“オンラインサロン”をやろうという話が立ち上がって。『今の俺に一番合っているんじゃないか』という軽い気持ちで、サロン名を“竹山報道局”と名付けて。そうしたら、『宮迫さんのYouTubeにもいきなり出るし、“竹山報道局”も急に立ち上げるし、竹山色んな考えがあってテレビを捨ててインターネットに進出するんじゃないか?』と意外と業界の人がざわつき始めて」と苦笑いで告白。

そして「全くない。できればバラエティー番組だけで生きていきたいくらいですし、これからもブリーフ一丁で走り回る覚悟です」と意思表明し、スタジオの笑いを誘った。