0_e

 まるで意思ある巨大生命体がぱっくりと口を開けているかのような度肝を抜く光景が広がっていたのは、マーシャル諸島共和国のビキニ環礁である。

 ここは米軍における数々の核実験が行われた場所でもある。1946年7月、原子爆弾実験(クロスロード作戦)の為、大小71隻の艦艇が標的として沈められた。ご存じのようにその中には日本の長門も含まれていたが、アメリカ海軍航空母艦サラトガもその1つであり、約70年間ずっと海底深くに沈んだままとなっている。


―あわせて読みたい―

戦車・船・コンテナハウスも!海に沈めて。魚たちの住処にする「人工魚礁」
ネバダの幽霊:1955年の米国原爆実験未公開写真、テストに使われたマネキンたち
時を止めて過去にたたずむ、世界9の放棄された島
海の中にある車の墓場:海の中に沈んだ車はやがて魚たちの魚類の格好の住処となる。

 この核実験により、ビキニ環礁は人の住むことのできない場所となった。海の生態系も大いに破壊され、28種のサンゴが絶滅した。だが海の生き物たちは負けなかった。海に沈んだ軍艦が魚礁となり、今ではビキニ環礁面積の80%のサンゴ礁が回復しているという。

 一度は絶滅しかけた生態系が再びよみがえったのだ。
 そういった歴史を鑑みると、サラトガの魚礁がまるで亡霊のように見えてくる。そしてここに近づく人間たちに「こっちくんな!」と警告しているかのようだ。

no title
※画像クリックで拡大表示

 ちなみに現在、ビキニ環礁の放射線量自体は、短期間の滞在では問題ないレベルまで下がっており、ダイバーたちのダイビングスポットになっている。リゾートホテルなどもある。


Bikini Wreck Diving: USS Saratoga 2013 Lust4Rust trip

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52188676.html
 

こちらもオススメ!

―画像の紹介記事―

犬の猫化。猫2匹のいる家にやってきた保護犬の場合、すっかり自分を猫と思い込む
飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
「図書館で借りた本をレンジでチンしないでください」アメリカで異例の通達
動物の体重ってどうやって測るの?かわいすぎる動物たちの体重測定の様子を一挙公開
「スイカは絶対に守るニャ!」スイカ監視員としての猫、完璧な警備(タイ)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

未知との遭遇に期待度アップ。わずか11光年先でスーパーアースを発見(ドイツ研究)
1万2800年前、彗星の爆発で滅亡した古代の村。それは農業の始まりとも関係がある可能性(シリア)
空が裂けた!全長700キロの巨大雷「メガフラッシュ」が世界最長記録を更新
ブラックホールをエネルギーとして利用する地球外文明がある可能性(英研究)
木の化石の中に美しい青緑色のオパールが!貴重な宝石「レインボーツリー」(オーストラリア)
海に潜む巨大な亡霊!?核実験で沈められた航空母艦サラトガが超ド級のラスボスに!(ビキニ環礁)