他の車を追い越したら…

 

後ろの車がぴったりついてきて、プレッシャーをかけられた

進もうとすると前の車が急に進路変更して、進行を妨害された

前のバイクが道の真ん中を走っている上に、スピードが極端に遅く危ない

並走されて車を寄せられて怖かった など

「追い越された」「割込みされた」など些細な理由から、無茶な運転で相手の進路を妨害したり、後ろからプレッシャーをかけたりしてくる「あおり運転」の被害に遭った人も少なくないでしょう。

 

 

当サイト「交通事故弁護士ナビ」で行ったアンケート調査では、回答者数の約78%の人が、「あおり運転に遭った経験がある」と答えました。

 

(2020/6/26~2020/6/28インターネット上で約143人に対して実施したアンケート調査の回答結果)

 

あおり運転は、少しの運転ミスで死亡事故につながる可能性の高い、危険行為です。このような事情を鑑み道路交通法が改正され、2020年6月30日からはあおり運転に対し「妨害運転罪」として懲役刑もしくは罰金刑が科せられます。また、自転車バイクによるあおり運転も「妨害運転罪」の対象です。

 

ではどのような行為が「あおり運転」に該当し、どのような罰則を受けるのか紹介します。

あおり運転するとどんな罰則を受けるの?

妨害運転罪は、他の車両の交通を妨害する行為(あおり運転)を行った場合、及びそれによって交通の危険性を生じさせた場合に罰則を科す内容となっています。

 

あおり(妨害)運転に対する「妨害運転罪」の規制内容や罰則、対象となる違反について紹介します。

あおり運転に対する「妨害運転罪」の規制内容と罰則とは


妨害運転罪では、3年以下の懲役または50万円以下の罰金といった刑事罰のほか、欠格期間を2年とした免許取り消し、違反点数25点の追加といった行政罰が科せられます。

 

また、あおり運転により、国道や高速道路上で他の車両を停止させるなど、著しい交通の危険を生じさせた場合には、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、さらに欠格期間を3年とした免許取り消し、違反点数35点が追加されます。

 

なお、前歴や累積点数がある人があおり運転をした場合には、欠格期間が最大5年に、さらに交通の危険を生じさせた場合には、欠格期間が最大10年になります。

あおり運転に該当する10種の違反

妨害運転罪では、以下の10種の運転行為を罰則の対象としています

 

(引用:令和2年改正道路交通法リーフレットB|警察庁)

 

もっと詳しく知りたい方は交通事故弁護士ナビの

あおり運転による妨害運転罪とその罰則とは」をご覧ください。

バイクや自転車でも「妨害運転罪」になる?

バイク自転車によるあおり運転も、先ほど紹介した10種の違反行為を妨害目的で行った場合、妨害運転罪に該当します。

 

また、自転車バイクあおり運転が原因で運転を誤り、相手を轢いてしまった場合、運転者の走行状況、あおり運転の状況等に鑑みて運転者に過失があったか否かが検討され、運転手側に過失(ほかに安全な回避方法があったなど)があれば、過失運転致傷罪(自動車運転処罰法5条)等の責任に問われる可能性があるでしょう。

 

また、民事責任(慰謝料その他損害賠償責任に関すること)については、過失相殺により調整されることになると思われます

 

自転車バイクから車への妨害運転は、一歩間違えれば死亡事故につながる可能性もあります

 

客観的に見て危険な運転をしている場合(自転車高速道路を走行・バイクが横すれすれを追い抜く など)、仮に自分が妨害されていなくても事故が起きる前に警察へ通報しましょう

まとめ|運転中にイライラした場合は「○○」が有効的!

一時の怒りに任せてあおり運転をしてしまうと、罰金や懲役刑を科される可能性があります。

 

あおり運転をなくすには、運転手に精神的な余裕が必要です。しかし、運転中は事故を起こさないようにする必要があるため、いつもより緊張状態になりがちになってしまいます。

 

実際に、「交通事故弁護士ナビ」で行ったアンケート調査では、回答者数の約95%の人が「イライラした経験がある」と答えました。

 

(2020/6/26~2020/6/28インターネット上で約143人に対して実施したアンケート調査の回答結果)

 

急な割込みや危ない運転は、恐怖と共に強いストレスにもなり得ます。もし、このように運転中にイライラした場合、どうしたらいいのでしょうか。

交通事故弁護士ナビ」で行ったアンケート調査では、みんなの解決方法についても聞いてみました。

 

回答者の44%の人は、「特に何もしない」と答えており、深呼吸や音楽をかけリラックスを心がけるなど、積極的に落ち着かせる行動をとった人は23%でした

 

また、20%の人は「同乗者や独り言として文句をいう」と回答しており、あえて声に出すのも、車内のみであれば問題になりにくいですし、ストレス解消には有効的かもしれません。

 

怒りに任せて相手をあおってしまうと、相手もイライラしてしまいますし、事故になる可能性が高まります

自分の「怒り」の感情を上手にコントロールし、安全な運転を心がけましょう。

あおり運転で懲役になる可能性も!自転車・バイクも対象になる「妨害運転罪」とは?