楽してお金を稼ぎたい――身も蓋もない欲望ではあるが、知恵を絞って実現する情報強者は存在する。その手法は多岐にわたり、株、不動産投資、さらには副業と実にバラエティ豊か。専業トレーダーからサラリーマンまで、働かずに不労所得を得る現代の“錬金術師”にそのノウハウを聞いた。

100万円を握り秋葉原へ。ほったらかしでも儲かる“マニア錬金術”とは?

「値上がりするフィギュアは、造形の出来栄えが肝です。王道ではありますが『メディコム・トイ』のリアルアクションヒーローズというシリーズのもの、特に『エヴァンゲリオン』関連の未開封フィギュアは定価約2万円が5~6倍になって多数売れました。コアなファンがついている作品は強い」

 アニメソフトフィギュアがびっしりと飾られた自室で嬉しそうに語るのは、コレクターの滝野川将司氏(仮名・41歳)。彼の場合、趣味で得た知識を基に「投資と割り切って」フィギュアBlu-rayディスク購入に高額を突っ込んでいる点が突き抜けている。

 原体験は10年前の夏のボーナス100万円を握りしめて秋葉原に行ったことに始まる。

「そこそこ預金もたまったし、株でも始めようかと思った矢先のリーマン・ショック(笑)。金融商品には怯みましたが、学生時代からアニメが好きで外回り中も暇があれば『まんだらけ』やヤフオクの取引状況を覗いていたので、まずは知識と相場観があるもので投資を始めてみようと『エヴァ』のような人気作品から、往年の名作まで幅広くDVDボックスやフィギュアを爆買いしてみた。その際、フィギュアはどんなに好きな作品でも『プライズ品』と呼ばれるゲーセンの景品などには手を出さず、必ず1万円以上するハイクラス商品だけを買いました」

 プレミアムがついたフィギュアに絞った目論見は大当たり。高額商品ゆえに発売当初は買い手がつかずAmazonで4割引きで買えたものが、5年後に買値の10倍以上に値上がりした例もあった。また同じ現象はBlu-rayディスクでも起きている。

「ここ最近で特にプレミアムがついたのは、2万円が10万円で取引されるようになった『ジャイアントロボ』『Fate/Zero』などです。人気があっても『けいおん!』や『まどマギ』のような生産数の多い作品は避ける。またNetflixなどで放映されると中古市場で無価値になるので、作品の見極めは非常に重要です」

 選球眼さえあれば、寝放置が可能なオタク投資。これは夢がある。

◆<滝野川氏の極意>

◎狙うは名作、ハイクラスのみ!
◎生産数の多いアイテムは避ける
◎買ったら気長に待つのも大事

【滝野川将司氏(仮名)】
コレクター。事務機器メーカー勤務の営業職。外回りついでに秋葉原で常にフィギュアチェックを欠かさず趣味と実益を兼ねたコレクションを誇る

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[[寝てても儲かる不労所得]大全]―


王道ではあるが『新世紀エヴァンゲリオン』関連のハイクラスグッズは、ほぼ値上がり確実。’95年の放送開始から25年たった今年も、新作映画公開に合わせた再放送が話題