全国の小売店でプラスチックレジ袋の有料化が2020年7月1日から始まったことを受け、SNS上では様々な声が上がっている。

「エコバッグ」推進に「コロナ逆風」も

プラスチックごみは近年、海洋汚染の深刻化が世界的な問題になったこともあって、削減に向けた対策を求める声が高まり、政府は2019年12月、容器包装リサイクル法の省令を改正し、20年7月からのレジ袋有料化スーパーコンビニなど小売店に義務づけた。すでに4月から有料化を始めた店もあったが、今回、小売店全店でプラスチックレジ袋の有料化が開始された(厚さ0.05ミリ以上の繰り返し使える袋や、バイオマス素材25%以上の袋などは対象外)。

今回の有料化を消費者はどう受け止めたのか。SNS分析ツールソーシャルインサイト」で、レジ袋有料化が始まった1日に書き込まれた「レジ袋」を含むツイート10万6770件を見ると、ネガティブな反応(25.7%)がポジティブ(9.4%)を上回った。発言ユーザーの地域は47.5%が関東で、人口と比較した相対値から見てもツイートが多かった。

頻出ワードには、「有料化」に加えてレジ袋の代替となる「エコバッグ」、「マイバッグ」も抽出された。「ご来店の際にはエコバッグ持参でお越しください」、「マイバッグを持ち歩くことをお忘れなく」といった自前の買い物袋の持参・利用を促進している声や、持参するのを忘れてしまったといった声も。

一方で、「コロナ」も頻出ワードとして抽出された。NHKハフポストは、レジ袋有料化開始日である1日、日本に先立ってレジ袋を有料化していた欧米で、同じ袋を使い回すと新型コロナウイルスの感染リスクが高まるなどとして、再びレジ袋を無料で提供する動きが広がっていると報じた。ツイッター上では、この時期のレジ袋有料化新型コロナウイルスの感染リスクを高めるのではないかと疑問視する声があがっている。

「これエコなんですかね?」「店員さんは大変だよ」

さらに、ソーシャルインサイトの頻出ワードには「ゴミ袋」も浮上した。レジ袋をゴミ袋として活用していたためにごみを捨てるためにプラスチック袋を買わなければならなくなったというツイートも。

「今日は全国のスーパーレジ袋が有料になる日ですね。エコが目的らしいだけど結局家のゴミ箱で使うゴミ袋を別で買うことになるのだから全然エコになってない」
レジ袋ってゴミ袋として再利用できるのにね。マイバッグを持参しても、ゴミ袋は必要だから結局買うことになるのよね。これエコなんですかね?」

このような、環境対策としてのレジ袋有料化に疑問を覚える声も少なくはない。J-CASTニュース既報(「レジ袋有料化と『プラごみ削減の本丸』 さらなる対策が必要な理由」5月16日配信)の通り、国内のレジ袋使用料は推定20万トンで、年間900万トンに達する国内のプラごみの2%余りにすぎないとされる。ツイッターでも「なぜ、まずレジ袋なのか根拠を示してほしい」といった声も上がっている。

また、「コンビニ」、「店員」、「レジ」といったワードも頻出し、小売店を気遣うツイートも寄せられた。

コンビニレジ袋ってアレね、『袋要りますか?』の確認で買い物するのに1ターン増えて客も煩わしいのに、店員さんの気苦労が偲ばれるわぁ...」
スーパーに行くと『レジ袋有料なんですが、どうされますか?』と聞かれた。あんなやり取りを毎回する店員さんは大変だよ」
ポジティブ、ネガティブの割合(ソーシャルインサイトより)