2日放送の『ひるおび!』(TBS系)での作家・室井佑月の発言が、物議を醸している。
 問題となっているのは、新型コロナウイルスの大規模クラスターが発生した、東京・台東区にある永寿総合病院について取り上げていた際の一幕。1日に院長が記者会見を開き、入院患者43人が死亡したことについて謝罪しており、会見と併せて医師や看護師計3人の手記が公開されている。

 番組でこのことついて報じている際、リモート出演していた室井が「一言言っていい?」と話し出し、「医療の現場の人たち、ましてコロナにかかってきた人たちは、被害者なわけだから責めてはいけないと思う」と前置きしつつ、看護師らが出した手記について、「だけどこういう美談を出してきて……。個人は悪くないよ? でも病院はやっぱり熱が出た人たちがいたりするわけだから、こんなにコロナの患者を出しちゃったっていうことは、やはり責められるべき」と発言。院長や経営者側に「反省はすべきなんだよね」と厳しい口調で話し、「なんかすり替えっぽく感じる」と反省すべき点を同情にすり替えていると指摘した。

 ​>>年齢性別を無断で明かされた? 従業員がコロナ感染のメイドカフェ、取締役が『news zero』に抗議<<​​​

 しかし、これに東京歯科大学教授の寺島毅氏が「現場のスタッフは、不安の中逃げ出したいと思いながらも、日々の業務をこなしてきたんだと思います」「3月当時はまだ無症状の人でもうつす、あるいは発症の前もうつすってことも分かってませんでしたし、プラスチックとか金属とかベッドの手すりとかにもウイルスが3日、4日いるってことも分かってませんでしたから」と情報が少ない中対応した現場の医師や看護師に同情的な発言をし、どこの病院でも起こりえたことだとしたが、室井は「でも、病院から広がるなんてことはやめてほしいですよね!」「もっと注意しなければいけなかったと思うんです」と主張。MCの恵俊彰から「広げたいと思っていたわけではないと思う」「その段階でどれだけのことが日本の病院でできたのか。この未知のウイルスと戦うにあたってどんな準備ができたのかっていうことを本当に責めていいのか、と。僕自身はそうかは分からないです」と諫められていた。

 室井のこの発言に、視聴者からは「命がけで感染者を救おうとした人たちの手記を美談ってひどすぎる」「未知のウイルスと闘った医療従事者へよくそんな事が言えるな」「右も左も分からない状況で、目の前の命を救おうとしてきた医療従事者に『もっと気をつけてほしい』って何様なんだろう」という批判の声が殺到。一方、「病院が感染を広げてはいけないっていうこと自体は間違ってない」「確かに医療機関がしっかり機能すればパンデミックになることも防げたはず」という賛同もあったものの、ツイッター上では「室井佑月」がトレンド入りするほど批判を広げていた。

 室井のツイッターアカウントにも、多数のバッシングが寄せられる事態となっているが、室井はこの現状に反応するのだろうか――。

画像はイメージです