牛丼チェーンの松屋は、7月7日午前10時から、がっつりにんにく派には「にんにくバターのごろチキ」(650円/税込)、トロ~り甘辛派には「甘唐辛子のトロたまごろチキ」(650円/税込)など、2種類の「ごろチキコンボ牛めし」が新発売する七夕祭を開催します。あなたは、どっち派ですか?

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「ごろチキ」とは、「ごろごろ煮込みチキンカレー」の略で、松屋特製カレーに、鉄板でジューシーに焼き上げたごろっごろのチキンプラスした食べ応え満点な逸品。そんな「ごろチキ」と、松屋の定番「牛めし」を組み合わせたのが、今回の「ごろチキコンボ牛めし」です。

 「にんにくバターのごろチキ」は、特製にんにく醤油タレと、風味豊かなバターでご飯がすすむメニュー。一方の「甘唐辛子のトロたまごろチキ」は、真っ赤なタレを身にまとったとろ~り半熟玉子と、甘唐辛子が絡み合った夏にピッタリのメニューとなっています。

 さらに七夕祭では、2種類の「ごろチキコンボ牛めし」の他にも、「にんにくバターのごろチキ丼」(500円/税込)や「甘唐辛子のトロたまごろチキ丼」(500円/税込)など、2種類の「ごろチキ丼」も新発売されます。

 ちなみに、松屋のお弁当WEB予約サイト「松弁ネット」から注文すると、店内での待ち時間なし&最短受取時間は 15分後(一部店舗を除く)から可能。また、8月3日午前10時まで20%のポイント還元を実施しており、新規登録者には100 ポイントプレゼントも開催中とのことです。

情報提供:株式会社松屋フーズホールディングス

(佐藤圭亮)

松屋が七夕祭開催 「ごろチキ」と「牛めし」が夢のコラボ「ごろチキコンボ牛めし」新発売