世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(以下、スモールワールズ TOKYO)」のグランドオープンを記念し、高さ2メートル10センチの「エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンケールフィギュア」が、限定20台、本体価格260万円(税別)で販売されることが決定した。

【写真】「エヴァンゲリオン初号機フィギュア」詳細カット

 「エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンケールフィギュア」は、人気コンテンツ新世紀エヴァンゲリオン』に登場する決戦兵器エヴァンゲリオン初号機をモデルにした巨大フィギュア

 息遣いまで聞こえてきそうなほど精巧な作り込みで、小さなミニチュアの世界で圧倒的な存在感を放ち、来場したゲストため息を誘う初号機。本フィギュアは、スモールワールズ TOKYOで実際に使用されている初号機をもとに、エヴァ原作チーム公認で作成された。

 全高210センチ、全幅100センチ、奥行き55センチというヒューマンケールの初号機は、重量約100kg、素材は鉄骨を使用したFRP製となっている。20体限定の完全受注生産で、本体価格は税別で260万円(輸送費、設置費別途必要)。同じくFRP造形で長さ約5mのアンビリカルケーブルもオプションで用意され、こちらは税別で80万円だ。

 『エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンケールフィギュア』は、スモールワールズ TOKYOのWEBサイトにて7月2日より予約開始。

展示中の「エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンスケールフィギュア」 (C)SMALL WORLDS (C)khara