1日に行われたセリエA第32節で、サンプドリアに所属するDF吉田麻也がレッチェ戦にフル出場を果たした。そのプレーイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が採点している。

 吉田は右センターバックで先発出場したこの試合。サンプドリアは40分にPKを獲得。一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球がゴールに吸い込まれ先制に成功した。50分にはレッチェもPKを獲得し試合は振出しに戻るも、73分にサンプドリアのファビオ・デパオリが倒されて再びPKの判定。このPKをラミレスが蹴りこみ、勝ち越しに成功。試合はアウェイサンプドリアが1-2で勝利する結末となった。

『ガゼッタ』紙が吉田に与えた採点は「6」とまずまずの評価。寸評は以下のように記されている。

「必要であれば、激しいプレーもいとわない姿勢を見せ、それがサンプドリアの守備にとって効果的となっていた」

 なお、サンプドリアの選手で最高評価を得たのは決勝のPKを沈めたラミレスの「7」、レッチェの最高点はMFマルコマンコースの「7」となっている。

 サンプドリアは次節、7月5日ホームでSPALと対戦する。

エミル・アウデロと勝利を祝う吉田 [写真]=Getty Images