iPhone
今年秋にも発表されることが目されているAppleフラッグシップiPhoneiPhone 12シリーズ。5.4インチ、6.7インチ、6.1インチの2種の計4モデルの登場が予測されている中、この度、新たな情報が飛び込んできた。

iPhone 12 ProシリーズにProMotionディスプレイは採用されず?

スマートフォンなどに利用されるディスプレイのサプライチェーンに関する情報を提供しているメディアDSCC」のCEOであるロス・ヤング氏が自身のTwitterを更新し、DSCC内で公開されていた情報に関して誤りがあった、と説明している。その誤りとは、年内に発表を控えている120Hzリフレッシュレートに対応したディスプレイを採用するスマートフォンを紹介するリストの中に、iPhone 12シリーズの上位シリーズに当たるiPhone 12 ProPro Maxが含まれていたことだ。ヤング氏によると、この2モデル120Hzリフレッシュレートに対応するディスプレイ採用する予定はないとのこと。またヤング氏の情報筋によれば、「2021年」発表のiPhoneに採用されるという。 ヤング氏はディスプレイのサプライチェーンに精通している人物としても注目を集めているため、情報に厚い信頼が寄せられているが、彼の意見に真っ向から対立する意見を表明するリーカーも多数存在している。動画鑑賞やゲームなど、さまざまな場面で活躍する機能だけに、できれば今年のiPhoneにも採用してほしいところ。発表が待ち遠しい! ▼合わせて読む ・iPhone 12 Proシリーズは120HzリフレッシュレートのProMotionディスプレイ搭載で決定?情報源が多数登場
iPhone
Photo via EverythingApplePro(YouTube)

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.