フィオレンティーナが新指揮官候補としてウナイ・エメリ氏と接触を図っているようだ。移籍市場に精通するイタリアジャーナリストのニコロ・スキラ氏が自身のSNSで主張している。

シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でシーズンスタートしたフィオレンティーナだが、成績不振を理由に昨年12月末に同監督を更迭。現在はセリエAで経験豊富なジュゼッペ・イアキーニ監督がチームを指揮しているが、降格圏と6ポイント差の13位と前体制とほとんど順位は変わっていない。

そういった状況もあり、フィオレンティーナの首脳陣は来シーズンに向けて新監督招へいの動きを見せている模様。そして、スキラ氏が伝えるところによれば、現時点での有力候補の1人であるエメリ氏とすでに話し合いの場を持ったようだ

これまでバレンシアセビージャパリ・サンジェルマンで実績を残してきたエメリ氏だが、昨年11月末に成績不振によって就任2年目でアーセナル指揮官を解任。

以降、フリーの状態が続くスペイン指揮官にはミランやベティスなどからの関心が伝えられていた。

サムネイル画像