サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。


リバプールの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格したオーウェン。“ワンダーボーイ”としても知られ、多くの注目を集めた。

リバプールで長らくエースとして活躍した後、銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリーへと移籍。その後は、ニューカッスルマンチェスター・ユナイテッドストーク・シティと渡り歩き、2013年に現役を引退していた。

そんなオーウェンが決めたゴールの中でも記憶に残るのは、2004-05シーズンラ・リーガ第31節、2005年4月10日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でのゴールだ。

“怪物”ロナウドとの2トップを組んで先発出場したオーウェン。ジネディーヌ・ジダンラウール・ゴンサレス、デイビッド・ベッカムといった銀河系の面々とともにピッチに立つと、3-1とリードして迎えた65分にゴールを奪う。

自陣でサミュエル・エトーからイバン・エルゲラがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったベッカムがルックアップ。すぐさま右足で前線へフィードを送ると、最終ラインの裏へ飛び出したオーウェンの元へ。

ボールはバウンドとともにブレーキがかかりオーウェン冷静にトラップ。ボックス手前で右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートネットを揺らした。

イングランド代表のチームメイトでもある気心知れたベッカムからの絶妙なパスに、特徴でもある絶妙な飛び出しを見せたオーウェンのシュート技術。スペインの地でイングランドの2人が見せた素晴らしいゴールとなった。

サムネイル画像