6月30日深夜放送の関西テレビ『グータンヌーボ2』に出演した田中みな実が、テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』で共演する安斉かれんについてコメントした。

【別の記事】田中みな実「全てお断りしてる」仕事の内容を明かす「専門家じゃないもん」

今回番組では、安斉、長谷川京子、ミラクルひかるの3人がさまざまなトークを展開するVTRを放送。このVTRの中で、安斉が、長谷川から「かれんちゃんの好きなお笑いの人っているの?」と質問される場面があった。

長谷川の質問に対し、安斉は「この前、パンサーの向井(慧)さんのラジオに出させていただいて」と切り出し、「ドラマのあゆのイジリをすごいやっぱしてくれて、全然芸人さんとか絡んだことなかったので、すごい印象に残ってます」と語った。

これを受け、ミラクルは「結構芸人さんたちはイジリたくなるエッセンスがたっぷりですもんね」と話し、「もし変なイジリ方されても傷つかないようにしないと」とコメント。これに、安斉は「全然大丈夫ですね」と返し、VTRを見ていた田中は「この子、肝据わってるよね」と感心する様子を覗かせていた。

なお、同ドラマは、安斉演じる“アユ”と三浦翔平演じる“マサ”の愛や葛藤を描く物語となっており、田中は、長年思いを寄せるマサがアユに肩入れするのが許せず、激しくアユに嫉妬する専務秘書・姫野礼香を演じている。

田中みな実、ドラマ『M』で共演の安斉かれんを評価「肝据わってるよね」