自分に気があるのかどうかって、なかなかわかりにくいものですよね。
でも、男性の発言をしっかりと聞いてみると、そこに本音が隠されていることもあるようです。
そこで今回は、男子が「気がない女子」に言いがちなひと言を紹介します。


1.「落ち着いたら行こう」

「気のない女性から逃げるときには、忙しいという理由を使っちゃうことが多いですね」(28歳/男性/広報)
「時間に余裕ができたら行こうという言い方で、その場はなんとか切り抜けますね」(31歳/男性/IT)
「忙しさ」を理由にして逃げるのは、男性がよく使う手のひとつ。「最近バタバタしてるんだよね」とか「落ち着いたらメシでも行こう」などと言って、その場を切り抜けることは多いです。
実際にその後にちゃんと連絡が来るというケースは少ないでしょう。本当に多忙な可能性もあるかもしれませんが、何度もこの断り文句が続くようならあなたに気がない可能性が高いかも。


2.「今は彼女とか作る気はないんだ」

「今は恋愛モードではないと言って、恋愛話を終わらせようとすることはありますね」(28歳/男性/マスコミ
「その気がない女性には、今は恋愛する気がないということを遠回しに伝えますね」(32歳/男性/飲食)
これは、気になっている女性の前では絶対に言わないセリフでしょう。そう言われてしまうと、女性としてもなかなか押しにくくなってしまいますからね。男性からすると、うまく逃げられるひと言といえるでしょう。
また、彼女にする気はなくても、遊び相手としてキープしておきたい女性に対して、このセリフを言う男性もいるので、その点には十分注意してくださいね


3.「職場の人とは付き合わないことにしてるんだ」

「職場恋愛をするつもりはないと言って、誘いから逃げたことは何度かありますね」(31歳/男性/営業)
「職場の女性とは気まずくはなりたくないので、それとなく断るようにしていますね」(27歳/男性/販売)
職場の女性と恋愛関係に発展すると、その後の仕事に支障も出てきてしまいかねないので、絶対に避けたいという男性も多いでしょう。たとえ職場恋愛が禁止されていないとしても、いざこざが起きた場合、かなり面倒ですからね。言い寄られることがないようにクギを刺しているのでしょうから、よほどでない限り彼のことは諦めて、次の恋を探したほうがいいのかもしれません。


4.「俺にはもったいないよ」

「友達である女性のことは、なるべく傷つけないようにして断ろうと努力しますね」(29歳/男性/金融)
「『君は俺にはもったいないよ』と言って、やんわりと拒否しちゃうこともありますね」(32歳/男性/商社)
女性のことを傷つけないように断ろうとする男性が言いがちなセリフがコレ。はっきりと断ることはできないけれど恋愛関係に発展させる気はないとき、「俺にはもったいない」という言い方をしやすいです。好きな女性に対してはこんなことは言いませんし、自分から拒絶するようなことはあまりないのではないでしょうか。


おわりに


脈なしサインに気づくことができれば、自分を改善することもできますし、新しい恋へと気持ちを切り替えることもできます。男性の発言にはよく注意して、本音を見極めることが大事ですよ。 (山田周平/ライター
(ハウコレ編集部)

本音がここに隠れていた!男子が「気がない女子」に言いがちなひと言