海上自衛隊護衛艦「いずも」ステルス戦闘機F-35Bの搭載が可能な事実上の空母への改修が決まっており、中国でもその動向には注目が集まっている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、ヘリコプターを搭載できる護衛艦を改修してステルス戦闘機の搭載が可能になれば、「それは完全なる空母」であるとし、日本は空母を保有して「平和憲法に抵触しないのか」と批判する記事を掲載した。

 記事は、護衛艦いずもについて「満載排水量が2万6000トンを超え、ヘリコプターを運用可能な大型の艦艇」だと紹介し、そのいずもはすでに米国の最新鋭ステルス戦闘機であるF-35Bの搭載が可能な空母への改修が決まっていると指摘した。

 続けて、海上自衛隊が保有する艦艇のレベルや装備は世界最先端であり、イージス艦も複数配備されているほか、日本の対潜能力は極めて高いというのに、さらにステルス戦闘機の搭載が可能な空母を保有するというのは「日本の平和憲法に抵触するのではないのか」と疑問を投げかけた。

 さらに記事は、改修後のいずもは12機のF-35Bのほか、オスプレイヘリコプターなども運用可能になると見られていると主張し、艦載機を見るだけでも空母となったいずもの作戦能力の高さが見て取れると主張。また、日本がいずもF-35Bを搭載すれば、中国の空母「遼寧」や「山東」は「劣勢に立たされることになるだろう」と主張し、なぜなら「遼寧」や「山東」の艦載機はF-35Bに比べて性能が劣る「殲ー15」だからであり、F-35Bと殲ー15が仮に交戦しても、殲ー15が劣勢にあるのは間違いないからだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

空母「いずも」にF-35B・・・「我が国の空母は劣勢に立たされるだろう」=中国