緊急事態宣言中、メディアや国民から大バッシングを受けたパチンコホール業界。なかには資金繰りの悪化で倒産に追い込まれた会社もありますが、働き手の中からは「労働環境は意外と悪くない」といった声を聞きます。

パチンコ
※画像はイメージです(以下同じ)
 実際にお店を訪れたことがある人は知っていると思いますが、店舗スタッフの大半が若い人たち。従業員の平均年齢は各チェーンで多少違いはあるものの30歳前後のところがほとんどです。

社員寮があるから住居費が抑えられる

「自分の会社ではマンションやアパートの部屋を社員寮向けに借り上げていて、本人負担は本来の家賃の3分の1。住居費を大幅に抑えることができるので本当に助かっています」

 そう話すのは、中堅ホールチェーン入社5年目の諸井邦彦さん(仮名・26歳)。調べたところ、会社にもよりますが家賃の本人負担の割合は30~50%。業界的に昔から寮のあるところが多く、地方の小さなホールチェーンでも寮完備は珍しいことではないそうです。

 実際、20代社会人がひとり暮らしをする場合、家賃は大きな負担。近年は企業の住宅手当も減っており、2015年厚生労働省「就労条件総合調査」によると、従業員1000人以上の企業でも労働者1人あたりの住宅手当の平均額は1万9333円。しかも、支給する企業の割合は59.1%と全体の6割程度です。

「長めの休みが簡単に取れる」という人も

休み サラリーマン

 借り上げ寮の場合、自分で住む場所を選べないとはいえ、金銭的負担が少ないのは明らかです。

ホールは年中無休のため、お盆や年末年始もずらして休むことが多いですが、1週間程度の休みならあっさり認めてくれます。有休もちゃんと消化しないと上司から注意されるほどです。残業はあったとしても月に10時間程度ですし、ブラックなんかじゃ全然ありません。給料だって私の初任給は21万7900円。入社した年の大卒男子の初任給の平均額(※20万5900円/2016年厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)よりも1万円以上も多かったほどです」

学歴は関係なく、初任給は高め

男性の面接シーン

 業界全体の傾向として賃金を高めに設定するホールが多く、従業員を集める要因のひとつになっています。それに近年でこそ難関大出身の学生も入社するようになっていますが専門学校卒や高卒のスタッフも多く、採用における学歴フィルターはなさそうです。

「最初は母親に反対されましたし、友達の中には『本当にパチンコ屋なんかに就職するの?』とバカにしたように聞いてきたヤツもいました。まあ、初任給を教えた途端、あっさり前言撤回していましたけどね(笑)

 パチンコ業界という色眼鏡を外してみれば、就職先としては確かに好条件です。

好待遇にしないと採用できない

 一方、福利厚生や賃金を手厚くする理由について、「そうしないと従業員が集まらない」と事情を明かすのは東海地方を中心に展開するパチンコホールチェーン幹部の藤本健さん(仮名・45歳)

「残念ながら我々の業界に対する世間のイメージは低く、最初から志望する人も少ないです。それでもパチンコホール20代の若いスタッフが多いのは、労働環境として魅力的な条件を提示している結果だと思います。

 特に大手チェーン福利厚生、賃金ともに業界外の有名企業にも負けていません。ウチのグループもそうした部分を参考にさせていただいてますし、他店にしても同じでしょう。もちろん、すべての店がそうだとは言いませんが、会社の規模を問わず力を入れている企業は多いですね」

ほかの業界に比べればまだマシ

パチンコ

 しかし、経営難の会社も多いのか東京商工リサーチの調べによると、コロナ禍の影響で倒産した全国のホール運営会社は3社(※6月中旬時点)。これに業績悪化などで閉鎖された店舗を加えると100店舗近くが潰れています。

4月1日改正健康増進法が施行され、コロナの大流行がなくても今年は閉鎖されるホールが増えると予想されていました。喫煙しながらの遊戯ができなくなったことで客離れが懸念されていたからです。けど、倒産や閉鎖されたホールは、早かれ遅かれ同じ運命を辿った可能性が高い。こうした淘汰は今に始まった話ではなく、これとは反対に開店前から行列ができるホールもあります。当然、営業自粛は痛手でしたが、航空会社や旅行会社、飲食店などほかの業界に比べればまだマシだと思います」

 そして、一連のバッシングについても影響は特にないとか。

アンチに叩かれても「気にしてない」

ネット上にはコロナ以前からアンチパチンコの方たちによる攻撃的な書き込みが続いていますが、少なくとも業界の人間は気にしてません。ちゃんとした批判ならともかく、その多くが誹謗中傷のような内容ですから。ただ、書き込みが彼らのストレス発散になっているのであれば、むしろ役に立てているのかもしれませんね(笑)

 斜陽産業で将来性がないという声に対しても「一概にそういうわけではない」と反論する。

「この四半世紀で市場規模が30兆円から18兆円、パチンコパチスロ人口も3000万人から1000万人に減ったのは本当です。それでも動くカネで言えば、国内の全産業の中でも依然として上位です。今後も市場の縮小が予想されていますが、かといって今後10~20年で消滅することも考えにくい。油断は禁物ですが過度に心配する必要はないと思います。それに多くのグループは多角経営を行っており、パチンコホールの運営以外にもさまざまな事業を展開しています」

一般企業より昇進スピードが早い

パチンコ

 藤本さんの会社も不動産や飲食店経営など複数の事業を展開。あくまで事業の1部門に過ぎないといいます。

「それでもパチンコホールは一般企業より昇進スピードが早く、キャリアアップや出世を目指す人にはオススメ。30歳前後で現場トップの店長に就任することは珍しくないです。ウチもほかのグループも店長を経て本社勤務になるという流れで、出世した実績をもってキャリアアップを目指す人もいれば、20代のうちに出世を諦めて転職する人も多い。考え方として賛否はあると思いますが、若いうちにキャリアの見切りをつけやすいのもパチンコ業界の利点のひとつでしょうね」

 若い従業員が数多く働いているウラには、やはりそれだけの理由があったようです。

TEXT/トシタカマサ>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中

※画像はイメージです(以下同じ)