TOKYO MX地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。6月23日(火)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、作家の田中康夫さんが“デジタル後進国・日本”について述べました。

給付金の対応が格段に遅い日本

安倍首相4月17日に表明した1人10万円の特別定額給付金ですが、2ヵ月が経過した6月19日総務省は54.5%の対象者に給付したと発表しました。

アメリカでは3月上旬に経済対策を検討し、4月10日給付金の支給を開始。即日振込をしています。また、韓国は5月11日から給付を行い、2週間で97%の世帯に配布。それも現金だけでなく、クレジットカードデビッドカード、プリペイトカード、あるいは商品券での給付にも対応したそうです。

日本の対応が遅い背景には、今回は間に業者を入れず、受付開始日と給付開始日は各自治体の判断で対応していることがあり、「これが日本の今の地域主権・地方分権」田中さん。さらに、一部の自治体ではオンラインの受付を休止するなど、その現状を嘆きます。

デジタル後進国・日本は“隗より始めよ”

「日本はご存知のようにデジタル後進国田中さんは断言。というのも、2001年に「e-Japan戦略」で5年以内にブロードバンドを普及させると宣言し、ようやく2019年に光ファイバーの全国普及率が98%になったものの、政府全体の行政手続き約5万5,000件のうち、オンラインで完結できるのは7.5%。電子申請の経験者に至っては、確定申告の人も含め5.4%しかいないと指摘。

その状況に田中さんは、かつて文化施設を作る名目で発行され、今なお各自治体が借金に悩む地域総合整備事業債(地総債)を引き合いに、「建物を作るのと同様、光ファイバーを引くことはできても、それをどう活用するか。コンテンツの中身がないから結局同じ“ハコモノ発想”」と切り捨てます。

また、スイスビジネススクール「IMD」発表の「世界の競争力ランキング」では中国が20位、韓国は23位ですが、日本は3年連続ダウンして34位。そのうえ「デジタル技術評価」ランキングは63ヵ国中62位。さらに、2018年日本経済新聞が発表した世界市場シェアデータの主要ハイテク部門では、上位5社に日本企業はナシ。「みんな考えてほしいんだけど、キオクシア(東芝メモリ)やジャパンディスプレイなどに日本はお金をつぎ込んだけど、ほとんど海外資本になってしまった」と田中さんは嘆きます。

そんななか、日本ではスーパーシティ構想」が進められ、公式サイトにはITを使った未来などが提示されていますが、その文章を田中さんは「これは小学校子どもよりも笑っちゃう文章の書き方」と酷評し、「優秀な霞が関の人は城山三郎さんの『官僚たちの夏』の時代の気概を持てよ、と思っちゃう」と呆れ顔。

そして、その「スーパーシティ構想」に関しては、6月3日の放送で内閣府・地方創生推進事務局の村上敬亮審議官が「今、日本で始めておかないと本当に必要になったときに全て海外の技術になってしまう」と話していましたが、田中さんは「もうなってしまっている」と指摘。

「“クールジャパン”も“コンパクトシティ”もお金をかけたけど、一体どうなったの」と疑問を投げかけ、田中さん「もう1回“隗より始めよ”、地に足を付けて考えないと。給付金が間違いなく配られるということが日本のものづくり産業の底力だったんじゃないのか」と訴えていました。

番組では、視聴者に「あなたの職場はデジタル化できていますか?」というテーマで生投票を実施。結果は以下の通りです。

◆あなたの職場はデジタル化できていますか?
できている……756
できていない……1,404
これからする予定……105

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter@morning_cross

「日本はデジタル後進国」…田中康夫が苦言