「若い人を困らせてしまう遊び」と題するTwitter漫画が話題になっている。

件の漫画を投稿したのは、InstagramTwitterで育児漫画を掲載しているまぼ(@yoitan_diary)さん。

漫画の内容は、かつて年輩の人が若い自分に対して行っていた“遊び”を、同じように年長者になった自分が若者に対して行い困らせていることに気づいたというもの。

https://twitter.com/yoitan_diary/status/1278311238301151232?s=19

「若い人を困らせてしまう遊び」

まぼさんは平成初期に生まれ、就職した際には「ついに平成生まれが社会に出てきた!」と騒がれた世代。職場のおじさん世代の間では、いちいちまぼさんに自分たち世代のヒット曲を知っているかと尋ねては一喜一憂する“遊び”が流行っていたそうだ。しかし約10年後、まぼさん自身も新卒社員に対して同じような質問をして楽しんでしまっていた、というなんとも共感してしまうストーリーだ。

まぼさんの投稿に対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「昭和後半の生まれの場合『SMAPって元々6人だって知ってる?』になります」

「最近は『RADWIMPSは本当は4人なんだよー!!』も使えますよ」

「これとはちょっと違うけど、バイト先でおじさんの常連さんに『今何時!』って聞かれたから、
『そうね大体ね~』って答えたら喜ばれた。」

「私も平成生まれともてはやされました 懐かしい!笑
数年前にバイト大学生消費税の話をしていて、3%だったんだよと話したら、私より上の世代から消費税はそもそもなかったと言われ、平成生まれはみんなで驚いたことがあります。」

「とうとう職場に平成産まれがーとか言われたが
今度は、令和産まれが-と言う側に回るのか……」

反響を見渡すとまぼさんと同じ平成初期生まれの方から共感の声が多数寄せられていた。多くの人が年号の変わり目という分かりやすいレッテルにより、独特の苦労をされてきたようだ。

なお、まぼさんは現在Instagram@yoitan_diary)上で育児漫画を投稿中。愉しく、時にキュンとくる親子のふれあいやさまざまな育児あるあるを題材とした読みごたえのある内容なので、ご興味のある方は是非ご覧になっていただきたい。

https://twitter.com/yoitan_diary/status/1278722385659564033?s=20

※画像提供:まぼ(@yoitan_diary)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
歴史はくりかえす? Twitter漫画「若い人を困らせてしまう遊び」が話題に