今回紹介したいのは、うぷあざ棟梁さんが投稿した『ダンボールで蚊取り線香を作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

暑い。今年初めてヤツに刺されたのでやりました。…蚊取り機能はありませんが!
ダンボール工作的には、連続した曲線の切り抜きと仕上げの処理の参考になれば良いでしょうか?中心付近のキツイ曲線はボロボロになりがちなので、竹串で整えると見た目が綺麗になります。 皆さんもぜひ応用してみてくださいね


 『ダンボールでBEAを作ったら本家BEAに寄贈することになった』という驚きの展開や、『ニンテンドーラボで動くパンジャンドラムを作ってみた』ところ見事な動きで本家越えと話題になったりと、ダンボールで数々の素晴らしい作品を作るうぷあざ棟梁さん。今回はその技術力で「蚊取り線香」を作ります。

 まずは両面綺麗な3㎜厚のダンボールを用意。

 本物の蚊取り線香マスキングテープで貼り付けて型取りします。

 型取りができたら切り抜き。作業風景の早送りの表示がダンボールなところに、視聴者から「こだわり感じる」の声が上がりました。

 切り抜いたダンボールの中心にある切り残しを、竹串の側面で整えるという丁寧な仕事ぶりを見せてくれます。

 さらにライナーダンボールの皮)を3㎜幅で切ったもので側面をカバー

 練り消しでシャーペンの線を消し、

 1.5㎜厚のダンボールで台座を作ります。

 お皿に乗せて、ダンボールの「蚊取り線香」が完成! 夏を感じる作品です。

視聴者コメント

・よく燃えそう(小並感)
・いらないけど欲しい
ダンボールの皮って売ってるんだ……
・相変わらずのこだわりっぷり
・蚊がとれない蚊取り線香(哲学)
・点火してぇw
・こうして私たちの元へ届けられる

▼動画はこちらから視聴できます

ダンボールで蚊取り線香を作ってみた

―あわせて読みたい―

ダンボールで“蚊遣豚”型の扇風機を作ってみた その技巧はまさに「こりゃ工芸品だな」の声

藁に包まれた納豆を“ダンボールで”作ってみた! 豆の質感や形を見事に再現し「良い!」「水戸市に寄贈はよ」の声