レゴジャパン株式会社(代表取締役長谷川敦/所在地:東京都港区、以下レゴジャパン)は、マーベルスター・ウォーズキャラクターアンディ・ウォーホルの絵画をかたどった新しいレゴ(R)アートを、2020年8月1日(土)より販売開始いたします。

レゴ アートは、ポップカルチャーを愛してやまない大人向けに設計されたシリーズで、現実を忘れてリラックスした趣味の時間を楽しむためのコンテンツとして大人に新しい創造的な体験をもたらします。今回発表された4つの新しいセットには、簡単に壁に掛けることができる特製壁掛けパーツが付属しており、家やオフィスなどの、音楽や映画、インテリアやアートを楽しむ場所に飾ることができます。
レゴグループの新しい調査によると、成人男性の73%がリラックスするための新しい方法を探しており※1、その新たなリラックス手段として、各レゴアートセットには、組み立てる作業と一緒に楽しめるサウンドトラックが付属しています。このサウンドトラックには、アイアンマンスター・ウォーズクリエイター、またはアンディ・ウォーホルやザ・ビートルズストーリーをよく知るクリエイターの魅力的な逸話が収録されています。※2サウンドトラックは、各デザインの背後にあるインスピレーションを伝え、リラックスした深いレゴの構築体験を提供します。
※1 世界9つの市場、10,000人の成人を対象に実施。
※2 サウンドトラックは英語でのみ収録されており、日本語再生はできません。

<レゴグループ シニアデザインディレクター ルイーズ・エリザベス・ボントフトのコメント
「大人は仕事で1日過ごした後、いつもストレスを解消しようと試行錯誤しています。レゴ アートでは高いデザイン性によって、映画ファン、音楽愛好家の感性を刺激し、彼らがアートと非日常の世界に没頭できるように設計しました。この新しいセットを通して、大人がリラックスして創作し、マインドフルな状態と自分の個性を反映したアートを作り出せるよう願っています。」

アンディ・ウォーホルが1967年に作成した明るいピンクスクリーンプリントで有名なマリリン・モンローモデルにしたセット。原作を再現したり、他にも3パターンカラースキームのデザインに組み換えることができます。ポップアート愛好家やデザイン愛好家は、自分の感性に合わせて作品のトーンを調整でき、ウォーホルに関する新しい発見ができるかもしれません。

ジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリソンリンゴ・スターなど、お気に入りのバンドメンバーのポートレートを再現してザ・ビートルズを家庭で楽しむことができます。一つのセットを使用して、4人それぞれのポートレートに組み換えたり、4つのセットを並べれば4人全員がそろったバンドのポートレートをディスプレイすることができます。付属のサウンドトラックを聴くことで、バンドの音楽やストーリーを感じながら、組み立てることができます。
アイアンマンモデルとした、3-in-1セット。1つのセットアイアンマン マーク3、ハルクバスター、またはマーク85のどれにでも組み換えことができます。付属のサウンドトラックにはマーベルエキスパートによる逸話と、セットに関する詳細が収録されています。トニー・スタークに倣い、「時には、歩くより、まず走れだ。」を実践したいファンは、このセットを3つ組み合わせることで、究極のアイアンマンを組み立てることもできます。
遠く離れた銀河からの象徴的な悪役をテーマにした3-in-1ポートレートセットダース・ベイダーダース・モールカイロ・レンの三人のシスに敬意を表し、一人ずつ組み立てることができ、さらにこのセットを3つ組み合わせて究極のダース・ベイダーを組み立てることもできます。サウンドトラックにはスター・ウォーズ映画のクリエイターが語るストーリーが含まれ、フォースを感じながら自身の壁アートを組み立てることができます。

■商品概要

 Lucasfilm、Lucasfilmのロゴ、STAR WARSおよび関連プロパティは、Lucasfilm Ltd.および/またはその関連会社の米国およびその他の国における商標および/または著作権です。

Andy Warhol Foundation for the Visual Arts、Inc.について
20世紀の著名なアメリカアーティストとして、アンディ・ウォーホルは世界にアートの影響を与えました。アンディ・ウォーホル美術財団は、1987年の設立以来、ウォーホルの意志に従い、米国の現代美術の主要な資金提供者のうちの一団体となりました。財団はこれまでに、現代のビジュアルアート作品の作成、プレゼンテーション、文書化を支援するため、2億ドルを超える現金を寄付しました。財団の継続的な取り組みは、ウォーホルの独創的でオープンマインドな精神が次世代のビジュアルアートに大きな影響を与えています。財団が受け取る収益は、助成金として寄付されます。詳細については、www.warholfoundation.orgをご覧ください。

Apple Corps Ltd.について
Apple Corps Ltd.は1968年ザ・ビートルズによって創設され、バンドの創造的およびビジネス上の関心を監督しています。 ロンドンを拠点とするこの組織は、映画、劇場、および書籍の出版権とともにザ・ビートルズ知的財産権全体の管理をしています。

■レゴグループについて

遊びが持つパワーを通して、—世界の明日を創造していく未来の担い手を育成する—それがレゴ グループの使命です。レゴ ブロックと基礎部分からなるLEGO System in Playは、子どもから大人まで誰もが、思い通りにものを作り上げ、好きに形を変えて、また新たなものを作り上げられる遊びツールです。
レゴ グループは、1932年、デンマークのビルンで誕生しました。創立者は、オーレ・キアク・クリスチャンセン。レゴという名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味するLEg GOdtに由来しています。
現在も引き続きビルンを本部として家族経営を続けているレゴ グループですが、その製品は世界140カ国以上で販売されています。
レゴジャパン公式Twitterhttps://twitter.com/LEGO_Group_JP
レゴジャパン公式Facebookhttps://www.facebook.com/legojp/

<本件に関する一般消費者からのお問い合わせ先>
レゴジャパン コンシューマー・サービス
TEL:00531-65-0597(平日9:0017:00/通話料無料) E-mailLEGOJapan-cs@lego.com

(C)Disney
(C)&TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved.
(C)2020 The LEGO Group.

配信元企業:レゴジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ