サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イングランド代表MFのオーウェン・ハーグリーブス氏がバイエルン時代に決めたゴールだ。


カナダ出身のハーグリーブスは、1997年バイエルンの下部組織に入団。2000-01シーズンファーストチームデビューを果たした。

すぐにバイエルンでの地位を確立したハーグリーブスは公式戦218試合に出場し、ブンデスリーガチャンピオンズリーグなどで優勝。数々のトロフィーを獲得した後、2007年5月にマンチェスター・ユナイテッドに移籍していた。

今回紹介するのは、2005年4月16日に行われたブンデスリーガ第29節のハノーファー戦で決めた、見事なゴールだ。

0-0で迎えた90分、このままスコアレスドロー決着が濃厚かと思われたが、バイエルンは前線へとボールを放り込むと、前線に残っていたDFルシオが頭で落とす。これを受けたFWクラウディオ・ピサーロは相手DFに潰されるも、詰めていたハーグリーブスがこれをダイレクトで右足一閃。浮き上がるようなミドルシュートは、ゴール右上隅に突き刺さった。

試合を決定づける劇的ゴールに、バイエルン一同はもみくちゃになってゴールを大喜び。フェリックス・マガト監督率いるバイエルンはこのシーズン、2年ぶり通算19回目のリーグ優勝を果たしている。

サムネイル画像