Photo by Mark Wallheiser/Getty Images

Black Lives Matterに世界中のアーティストが賛同
 5月25日のミネソタ州ミネアポリスにおける警察官の非人道的で人種差別的な暴行によるジョージ・フロイドの死に対して、英米だけでなく、K-POPインドや中東など世界中のアーティストや俳優たちがBlack Lives Matterに連帯している。

 そりゃそうだろう。人種や国籍で音楽や映画の才能を抽出するのは無理な話だ。ポップミュージックには真善美を求める意思があって、周囲の通行者らが抗議しているのに警官が黒人の首を押さえつけ殺害してしまう、というのを許しがたいことだと思うのは当然だ。

 彼(女)らの発言や行動にもかなり様々な動き方がある。ツイッターインスタグラムで賛意を表明するだけでなく、デモ行進に行ったり、巨額のカンバを行ったりと。
 
 たとえばビリーアイリッシュは昨年史上最年少でグラミー賞を受賞したアーティストだが、特筆すべきは「Black Lives Matter(黒人の命が大切)」を掲げる抗議行動への批判として「All LIVES Matter(全ての命が大切)」という標語が出現したことに対し「クソ野郎どもはいつでも話題をすり替える」と激怒したことはあまりにも有名だ。

 ともあれあまりにも多くのアーティストたちがBLMに連帯していて、誰それが賛同した…というのを挙げていくだけだと、単なるBLMへの賛同者リストになってしまうのが悩みどころだが、ここは筆者の独断でとくに特記した方が良いものについて述べていく。

K-POPファンの足並みそろった抗議行動
 様々な形での事態に対する連帯、団結が広がる中、層として非常な団結を示したのがK-POPペン(ファン)勢である。

 K-POPファンは世界中にあまねく存在するが、テキサス州ダラスの警察による、違法行為監視を名目にした市民の相互監視用アプリや、右派のハッシュタグ「#White Lives Matter」などに、自らが好むK-POPアーティストの画像などを大量に投下しまくりその機能を麻痺させてしまうなど、インターネットなどの世界で大暴れしている。K-POPのペンたちが展開しているのは、まさにSNSなどサイバー空間での反レイシズムの“人民戦争”と呼べるだろう。BTSのペンをARMYと呼ぶのは示唆的でもある。

 また、BTSのBLM関係団体に対する寄付に呼応して、有志のファングループOne in an ARMY」が「#Match A Million」キャンペーンを展開。24時間以内に目標額の100万ドルを達成している。

 BTS100万ドルをBLMに寄付したことはインパクトのある話だが、彼らがポリティカルというか、ヒューマニスティックな何かを行なったのは初めてではなくて、たとえば2018年Love Yourselfキャンペーンに言及しておくのは必要だろう。

 大変な状況にあっても、世界の若者が自己を愛することができるように、というユニセフでの感動的なスピーチがある。このような積み重ねがあってのBLMに対する寄付といった行動である。

◆平和な抗議と騒乱、暴動、略奪がシームレスになっている
 今回の事態においては、平和的なデモと騒乱状況がシームレスになっている、ということが透けて見える。プラカードを持ちながら歩いている人がいる一方で、店のガラスを壊し、スーパーマーケットなどから商品を奪っていく人もいる。
 
 警官からも膝を屈しデモ隊に合流する者が出たり、アトランタでは州兵とデモ参加者が一緒にマカレナを踊ったりと、警官たちも状況によっては警備を放棄したり、または抗議する側に合流してしまう状況である。一方で昂ぶった警察が歩行者を突き飛ばしていく映像も流れた。カオス

 しかし、状況を総体で俯瞰すると、あれは平和的だからOK、あれは暴動だからダメ、あれは略奪だから犯罪、と簡単に分けるのは難しいのではないかと思わせる。平和的」なデモの中にも「ACAB=All Cops Are Bastards=全ての警官はクソ野郎」というプラカードも散見される。

 街頭での行動が平和的か暴力的かをそう簡単に仕分けることができないことを身をもって表現したのが女性歌手のホールジーだ。

 街頭でホールジーが参加していた一群は警察によるゴム弾と催涙ガスの攻撃を受けたという。彼女は、要するに「向こうから仕掛けてきた」のだとツイートしている。またデモにおいて彼女は、実際に負傷者の救護も行っている。

 また彼女の作品でも、ブロンディのデボラハリーが出てくる「Nightmare」などMVに街頭騒乱のイメージが前面に出てくる。

 「Nightmare」は性暴力とそのカウンターテーマである。女性に対する抑圧や暴力と向き合ってきたホールジーにとって、そうした性暴力や女性への抑圧に対して抵抗するときに、ときに“暴力”を伴う場合があることを否定はしてないことを指摘しておきたい。

◆「クソ野郎たちはそれでやっと私たちの声を聞く」
 「略奪」の問題については、ラッパー・カーディ.Bの動画が指摘したことも述べておこう。

 「人々が略奪をして、激怒しているのを見て、私もそう、という気分になるし、クソ野郎たちはそれでやっと私たちの声を聞く」と。

 普段低賃金で低待遇だったりする人間が、略奪があってはじめて収支が赤字なのをいくらか取り戻す、というか、普段から下層の労働者は新自由主義的な状況のもとで、常に自らの様々な資源を略奪されているのだ、ということ、大騒ぎしてやっとそのことに世間が気づくのだ、ということを彼女が指摘している。

 当然、略奪される方は喜ぶ話ではないだろうが、社会の分断の根は深い。

◆「Who’s Policing the Police?(警察を取り締まるのは誰?)」
 2018年のブリット・アワーズで2部門受賞、昨年のグラミー賞で最優秀新人賞を獲得したデュア・リパも積極的にBLMについて行動している一人で、ロンドンでのデモに「Who’s Policing the Police?(警察を取り締まるのは誰?)」というプラカードを掲げて参加している。

 重要なのは、私たちは、たとえば選挙に行って政治家を選ぶということは一応できる。けれど、警察が仮に暴走したとして、誰が直接それを正すことができるのかという現実があるのだ。また、彼女が黒人のトランス女性のために安心して継続して居住できる住居を求める趣旨の動画をインスタグラムに上げているのも注目したい。
 

◆警察の解体を求める声も
 運動総体としてのBLMが求めているものの中には刑務所や警察の廃絶といったものもある。略奪、デモ隊の暴力……そのような報道も多く流される中、「Defund the Police(警察に予算を出すな)」という訴えがあるのはなぜだろうか。

 日本的な感覚だと、なぜ「暴徒」がいるのに、警察に予算を出すな、という要求が出るのか?なぜ事件が発生したミネアポリスで、警察が「解体」されることになったのか?と感じるかもしれない。

 不思議といえば不思議だが、たとえばアメリカ社会において、黒人は“警察に守ってもらうのではなく、監視され、攻撃される対象”という差別的な社会構造が根強く存在しているため、今回の事件のようなことになる。警察と黒人の緊張関係には根深いものがあるのだ。

 デモの一部が暴徒化、略奪を働いたというのもそうなのだろうが、警官の一部が殺人者である、というのもまた事実。BLMはたとえば黒人を貧困やそれに関連する暴力から脱出させるためにも、警察や刑務所に予算を割くのではなく、彼(女)らの衣食住の保証などコミュニティのために使われるべきと主張している。

 関連して言えば、ナタリー・ポートマンが、警察の予算削減について、当初は警察の予算が削られるのを恐れたが、白人女性である自分は警察に守られるが、一方で警察による死は黒人男性の死因の6番目であること、警察に守られるのは白人の特権であるといった趣旨の発言をインスタグラムに上げているのは興味深い。

 このうねりは当分終わりそうにない状況だ。

<文/福田慶太>

【福田慶太】
フリーの編集・ライター。編集した書籍に『夢みる名古屋』(現代書館)、『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』(新評論)、『α崩壊 現代アートはいかに原爆の記憶を表現しうるか』(現代書館)、『原子力都市』(以文社)などがある。

Photo by Mark Wallheiser/Getty Images