―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―


 四角い瓶に斜めにラベルが貼られているウイスキーをご存じでしょうか?

「ジョニ赤」「ジョニ黒」といった愛称で呼ばれる「ジョニーウォーカー」というスコッチウイスキーです。

 今から201年前、14歳の少年ジョンウォーカーが農場を売却した資産を元に食料雑貨店を開業。紅茶やスパイスを混ぜるのを見て、ウイスキーブレンドにチャレンジしました。1819年のこととはいえ、14歳で開業というのが驚きです。

 ジョンの息子アレキサンダーは大量生産をスタートさせたうえ、今でも受け継がれている、ある工夫をしました。船で輸送する際に大きく揺れても破損しないように、箱にぴったり収まる四角いボトルを採用したのです。

 1909年、アレキサンダーの2人の息子は、主力製品の名称を変更しました。若いウイスキーを「ジョニーウォーカー レッドラベル」、より熟成したウイスキーを「ジョニーウォーカー ブラックラベル」にしたのです。ジョニーは創業者ジョンの愛称です。

 1934年にはジョンウォーカーサンズ社は英国王室御用達となり、今でも「ジョニーウォーカー」が納められているとのことです。同時に、世界中で飲まれるようになり、現在でも世界一売れているスコッチウイスキーとなっています。

◆漫画『サザエさん』にも円高エピソードで登場した「ジョニ黒」

 この「ジョニーウォーカー」は、古くから日本でも親しまれてきました。

 1971年のドルショックのとき、漫画『サザエさん』に「ジョニーウォーカー ブラックラベル」、通称「ジョニ黒」が出てきます。ドルが下げたので円高になったため、9000円で買った「ジョニ黒」の価値が下がったと、その「ジョニ黒」でやけ酒する話です。ちなみに、当時の9000円は今なら2万7000円相当となり、相当な高級酒となります。磯野家はなかなかお金持ちだったようです。

 村上春樹の『海辺のカフカ』にも、ジョニーウォーカーという人物が登場します。そのまま、ウイスキーボトルの人物に扮しています。2020年1月から放送していたアニメ『ID: INVADED』にもジョンウォーカーという同じ扮装をしたラスボスが登場しています。ちなみに、他の登場人物もお酒の名前ばかりです。主人公の鳴瓢=「鳴り瓢」、上司の百貴船太郎=「百貴船」、ヒロインの本堂町は池田酒造、イケオジの松岡黒龍福井県吉田郡永平寺町松岡にある黒龍酒造から取られているようです。

◆そもそも「ジョニーウォーカー」ってどんな酒?

ジョニーウォーカー」は、当初からランクラベルの色で分類していました。レッドラベルは10年ものでしたが、今はノンヴィンテージです。ブラックラベルは12年もので、40種類以上の原酒を配合しています。

 基本的に「ジョニーウォーカー」は、モルトウイスキーグレーウイスキーを混合したブレンデッドウイスキーなのですが、グリーンラベルのみヴァテッドモルトとなっています。複数のシングルモルトウイスキーを混ぜているのでシングルモルトではなくなっているのですが、グレーウイスキーを混ぜていないので、ブレンデッドと呼ばないことがあります。ピュアモルトと呼ぶこともあります。15年熟成物以上だけを使っており、とても美味しく、筆者は2013年に終売すると聞いたので、しこたま買い込んだのですが、2018年にあっけなく販売再開し肩透かしを食らってしまいました。

 ほかに、18年熟成を謳うゴールドラベルがありましたが、原酒不足から生産中止となり、ノンヴィンテージゴールドラベル・リザーブが登場。その後、18年熟成を謳うプラチナラベルが発売され、現在は普通に「Aged 18 Years」と名付けられています。

 そして、最高峰に位置するのがブルーラベルです。熟成の頂点に達した1万樽に1樽しか存在しない原酒を使った、究極のブランデッドウイスキーと謳っており、値段もお高め。しかし、その価値のある最高のウイスキーの1つです。

 最後に「ジョニーウォーカー」といえば、昔受けたセミナーで流れたコマーシャル映像が今でも記憶に残っています。スコットランド出身の俳優ロバートカーライルが5分半ワンカットで「ジョニーウォーカー」の歴史を歩きながら語る映像です。一度も途切れずに語り続けるのですが、当然現場では撮り直しが発生。40テイクで成功したときは歓声が起きたようです。もし、今後見る機会があれば、5分半の間惹きつけられること請け合いです。その後は、「ジョニーウォーカー」を飲みたくなることでしょう。

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年原価BARオープン原価BARクラウドファンディング募集中。ご支援お願いします!

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―


「ジョニーウォーカー レッドラベル」。1300円前後とは思えない美味しさです