ジュード・べリンガム 写真提供: bcfc

 ボルシア・ドルトムントバーミンガム・シティのU-17イングランド代表MFジュード・べリンガムの獲得に関して合意に至ったようだ。3日、英紙『デイリーメール』が報じている。

 べリンガムに対してはドルトムントの他にマンチェスターユナイテッドチェルシーといったクラブが興味を示していたものの、ドルトムントと合意に至った模様。移籍金は2100万ポンド(28億円)の5年契約とみられている。また、両クラブからの正式発表も近日中に行われるようだ。

 べリンガムは先日17歳を迎えたばかりの逸材。昨年の8月にトップチームデビューを果たし、今シーズンはこれまで公式戦38試合に出場し4ゴール3アシストを記録している。

 はたして17歳超新星ドルトムントで自身の名を世界に知らしめることができるのだろうか。