特集記事『 知らぬ間に人間もプラスチックを食べているって本当?』
特集記事『 知らぬ間に人間もプラスチックを食べているって本当?』

出版社22世紀アートが運営する、社会問題を取り扱うウェブコラムSOCIOで特集記事公開。


▼ 今回の記事概要


・年間800万トン(ジャンボジェット機5万機相当の重さ)のビニール袋やペットボトルなどのごみが海へ流入し、今も増え続けている。
・回収不可能マイクロプラスチック(5mm以下の細かいプラスチック)はとくに問題で、魚が飲み込んだプラスチックを間接的に食べているため、8人中8人の糞便からプラスチックが見つかったという研究結果も。
・日本の脱プラスチックについての動きを知るとともに、一人ひとりが環境のためにできることは何か考えていく。
・さらにSOCIOコメンテーターとして、関西テレビにてニュースドキュメンタリーカメラマンとして従事した後、フリーカメラマンとしてもご活躍された増本安雄さんに意見を伺った。
・記事リンク:https://00m.in/rycep


2020年7月1日からプラレジ袋が有料化


暮らしに必要なものをあらためて考えてみると、プラスチックを含まないものを探す方が難しいかもしれないが、買い物時の過剰包装も大きな問題だ。世界的に見て、日本の脱プラスチックは動きが遅いといわれており、イギリスフランスをはじめとする先進国はすでにプラスチックレジ袋を禁止、中国でさえもレジ袋2022年までに使用禁止にする計画だ。はたして、日本の取り組みの現状はいかに。


ネット通販より実店舗で買う方がエコ?


みなさんはネットショップと実店舗、どちらで買い物をすることが多いだろうか。時間を有効活用できたり、価格の比較がしやすい便利さから、ネットショッピング利用者が近年急増している。中には有機野菜の直送など、一見環境保全を後押しするかようなサービスもあるが、脱プラスチックの観点から見るとさまざまな矛盾が浮かび上がってきた。明日からできるプラごみの削減方法について考えていく。


▼ コメンテーター紹介


多様な経歴を持つ作家たちがコメンテーターとして、各々の視座から社会問題に切り込むウェブコラムSOCIO。ジャンルの壁を超えて、自由な意見を語っていく。今回のコメンテーターは以下の通り。


春田行夫(はるた・いくお)


日本自然科学写真協会員、日本写真芸術学会員。『オオヨシキリの子育て(22世紀アート)』、『イカルチドリの子育て (22世紀アート)』他の著者。


『オオヨシキリの子育て(22世紀アート)』
『オオヨシキリの子育て(22世紀アート)』

オオヨシキリの子育て(22世紀アート) | 春田 行夫 | 写真 | Kindleストア | Amazon


『イカルチドリの子育て (22世紀アート)』
『イカルチドリの子育て (22世紀アート)』

イカルチドリの子育て (22世紀アート) | 春田 行夫 | 写真 | Kindleストア | Amazon


増本安雄(ますもと・やすお)


関西テレビ放送カメラマン。『時代を撮った男: テレビカメラマンが振り返る40年の仕事人生 (22世紀アート)』、『ラストシャッター: 続・時代を撮った男(22世紀アート)』の著者。


『時代を撮った男: テレビカメラマンが振り返る40年の仕事人生(22世紀アート)』
『時代を撮った男: テレビカメラマンが振り返る40年の仕事人生(22世紀アート)』

時代を撮った男: テレビカメラマンが振り返る40年の仕事人生 (22世紀アート) | 増本 安雄 | 本・図書館 | Kindleストア | Amazon


『ラストシャッター: 続・時代を撮った男(22世紀アート)』
ラストシャッター: 続・時代を撮った男(22世紀アート)』

ラストシャッター: 続・時代を撮った男(22世紀アート) | 増本 安雄 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon


▼ SOCIOについて


「自分の意見が、だれかのヒントに。みんなの意見が集まる社会のコラム欄。」をテーマに運営しているウェブコラム。SOCIOの名は、「社会(social)と意見(opinions)を掛け合わせ、自由な意見が集まる社会のコラム欄を提供」することに由来している。時事問題から教育、自己啓発に至るまで、社会の関心事を作家とともに考えていく。
公式HP: https://www.socio22.com/


SOCIO|あたらしい自分と社会をつくるウェブマガジン。


▼ 運営会社 22世紀アート


「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されている。
代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-23-1 ACN日本橋リバーサイドビル5階
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagramhttps://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja


みんなを幸せにする出版社『22世紀アート』


特集記事『 知らぬ間に人間もプラスチックを食べているって本当?』