動物を引き取り、一緒に暮らすということは、大きな覚悟がいります。

世話はもちろん、1つの命を預かることとなるのです。

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、生涯で犬の世話は約200万円、猫には約130万円かかるというデータも出ています。

しかし、一部には動物と暮らすことを楽観視して飼えない環境になったら「手放して誰かにあげればいい」と思っている人もいるようです。

ネット上では、そんな行動を啓発しようとするACジャパンが公開した日本動物愛護協会を支援するキャンペーンのポスターが話題となっています。

『犯罪者のセリフ』

急に夫の転勤が決まったとある家族。赴任先の社宅ではペットを飼えず、一緒に暮らしていた犬を連れて行けないことが分かると…。

<「犯罪者セリフ」 TVCMスタートしました>7月1日よりテレビラジオ、新聞、駅貼り広告等で、ACジャパンによるJSPCA支援キャンペーン第2弾、「犯罪者セリフ」がスタートしました。動物の遺棄・虐待が犯罪であることを、やさしい...

日本動物愛護協会 さんの投稿 2020年7月1日水曜日

「親切な人に見つけてもらってね」

優しそうに聞こえてもこれは犯罪者セリフです。

@JSPCA.nyanco ーより引用

母親と娘は、一緒に暮らしていた犬を段ボールに入れて「誰か親切な人に見つけてもらって」というのです。

ポスターだけでなく動画、ラジオドラマもある、この広告。

ラジオドラマでは、母親が「色々頑張ってみたけれど、どうにもならなくて、この子を捨てる決断をした」と明かしています。

動物愛護協会は、「どんな理由があろうと、どんなに心を痛めようと、動物を捨てること、虐待することは犯罪」と、優しい絵とは裏腹に犯罪であることを訴えたのです。

ネット上でも、「本当にその通り」といったコメントが相次いで寄せられていました。

・命を最後まで預かる覚悟がないなら飼う資格はない。

・いいポスターだと思う。本当その通りだよ。

・優しさではない。残酷なことをしていることに気が付いてほしい。

ACジャパンウェブサイトよると「『動物を遺棄することは、犯罪です』とメッセージをしても、実際にはなかなか伝わらないのが現状」といいます。

また、「ギャップとその衝撃が動物遺棄の抑止力となることを狙った」としてこの企画を制作したとのこと。

動物愛護協会は「動物の遺棄・虐待のない、動物にやさしい世の中になるよう願いを込めました」とコメントしています。

広告は2020年7月1日からテレビラジオ、新聞、駅の貼り広告などに掲示されています。

この広告が多くの人の心に届くことを願っています。


[文・構成/grape編集部]

出典
@JSPCA.nyanco一般社団法人ペットフード協会公益社団法人ACジャパン
※写真はイメージ