2019年京都アニメーション第1スタジオを襲った放火殺人事件から、7月18日で1年。この日を前に京都アニメーションでは、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、現地へ行かないようファンに呼びかけており、同社の公式YouTubeチャンネル7月18日当日の10時30分より追悼映像を配信するとしています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 2019年7月18日京都アニメーション第1スタジオに集まり、仕事をしていた人々を爆発的な炎が襲いました。炎は多くの人から夢や未来を奪い、その手から紡ぎだされるはずだった数々の作品をも永遠に消し去ってしまったのです。

 その衝撃は世界中を駆け巡り、多くのファンアニメーション関係者らに悲しみをもたらしました。優秀なスタッフを失った京都アニメーションを元気づけようとする動きも広がり、多くの想いが届けられています。

 あの日から1年、京都アニメーションの発表によれば、本来ならば心を寄せてくれる人々の想いに応えるべく、追悼の場を設ける方向で検討していたといいます。しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大、という事態を受け、多くの人々が集まる場を設けることは避けるべき、との結論に至ったとしています。

 第1スタジオ跡は住宅地の中にあり、そこで暮らす人々の安寧を妨げる可能性が高いことから、7月18日前後を含め、周辺へ来訪することも控えてほしい、との要請も同時に発表されています。また、供花・供物・香典の類も辞退するとのこと。

 その代わりとして、京都アニメーションでは、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて、7月18日10時30分~10時40分に追悼の映像(日本語音声のみ/10時35分黙とう)を配信するとしています。映像は終日視聴が可能となります。

<参考・引用>
株式会社京都アニメーション
※見出し画像は株式会社京都アニメーション公式サイトからのスクリーンショットです

(咲村珠樹)

あの日から1年 京アニが現地での追悼自粛を要請 映像をYouTubeで配信