アニメ専門チャンネルカートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、最高責任者/ジェネラルマネージャー:トム・ペリー)は、アニメシリーズぼくらベアベアーズ』に韓国出身グループMONSTA Xが登場する「パンダ誕生日/(原題)Bearz II Men」、R&Bシンガーガラントが声優に挑戦した「ベアーズIIメン(原題)Bearz II Men」のコラボエピソード2020年7月5日(日)午前10時から日本初放送。特集編成『カートゥーン スペシャル ぼくらベアベアーズ』内で放送します。
https://www.cartoonnetwork.jp/cn_programs/view/01453

TM & (c) 2020 Cartoon Network
ぼくらベアベアーズ』は、ピクサースタジオ出身のダニエルチョンが原作を手がけるカートゥーン ネットワークオリジナルアニメシリーズ。グリズ、パンダアイスベアの3人のベアーたちが、人間社会に溶け込もうと葛藤する様子をユーモアたっぷりに描くストーリーで幅広い世代で話題となっています。

パンダ誕生日/(原題)Panda‘s Birthday」は、韓国出身で全米でも話題の人気グループMONSTA Xが本人役でアニメに登場するエピソード。彼らに夢中のパンダ誕生日に、グリズとアイスベアが本人達に会わせてあげようとして騒動を巻き起こすストーリーです。2019年アメリカで放送された英語版では、アニメで登場するMONSTA Xの吹替えをメンバー本人が務めたことも大きな話題となりました。カートゥーン ネットワーク(日本)では、副音声で英語版を放送。MONSTA Xが声優を務めた原版もお楽しみいただけます。
TM & (c) 2020 Cartoon Network

「ベアーズIIメン/(原題)Bearz II Men」は、R&Bシンガーで第59回グラミー賞(最優秀アーバン・コンテンポラリーアルバム)にノミネートされたガラント(Gallant)が英語版で声優に挑戦したエピソード。路上で歌う若者ネイト役の声優を務め、路上や出場するコンテストで歌声を披露する場面も見所の一つです。副音声の英語版ではオリジナル音声をご覧いただけます。

特集編成では、この他にも「ぼくらベアベアーズ」日本初放送の最新エピソードなどをお送りします。

■「パンダ誕生日/(原題)Panda‘s Birthday」概要(MONSTA X コラボエピソード
パンダは、Kポップの人気グループMONSTA X」に夢中。今日はそんなパンダ誕生日だが、グリズたちからは間違って名前がソックリのヘビメタバンドサイン入りポスタープレゼントされるし、ちょうどツアーメンバーが町に来ているのにチケットはソールドアウトで残念なことばかり。嘆くパンダを見たグリズとアイスベアは、メンバーの宿泊先を突き止め、パンダに会わせてやろうと計画する。

■「ベアーズIIメン/(原題)Bearz II Men」概要 (ガランコラボエピソード)
映画館で映画を観たいベビーベアーズは手作りのお札でチケットを買おうとするが、ニセ札だと言われ追い返される。ガッカリしたベアーズは、路上で歌っていた若者ネイトにそのお札を投げ銭として渡す。それぞれお金がないと分かったベアーズとネイトは、お金を稼ごうと一緒に路上で歌とダンスを披露。通行人から大喝采を受けたネイトは、一緒にタレントコンテストに出場しようとベアーズを誘う。

■放送情報
・特集名:カートゥーン スペシャル ぼくらベアベアーズ
・放送日時:2020年7月5日(日)午前10時~午後0時 <再放送7月11日(土)午前10時~午後0時
・原作:ダニエルチョン
・声の出演:グリズ:川原慶久パンダ谷山紀章アイスベア:保村真 ほか
カートゥーン ネットワーク 公式サイト:https://www.cartoonnetwork.jp/
ぼくらベアベアーズ公式Twitterhttps://twitter.com/BokuraBareBears

カートゥーン ネットワークについて
世界192ヶ国以上、約4億世帯が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル
永遠の名作「トムとジェリー」をはじめ、「きかんしゃトーマス」など大人気のアニメからオリジルアニメパワーパフ ガールズ」や「おかしなガムボール」、「アドベンチャー・タイム」など世界中から厳選した良質な作品を24時間放送。国内では、スカパー!のほか、全国のケーブルテレビ、IPTVなどで好評放送中。視聴可能世帯は約720万世帯。

■会社概要
会社名:ターナージャパン株式会社
代表者:最高責任者/ジェネラルマネージャー トム・ペリー
所在地:東京都千代田区
設立:1997年5月
TEL:0570-090-937
URLhttp://www.cartoonnetwork.jp

配信元企業:ターナージャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ