かつてマンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーで活躍したサッカー界随一のアイドル選手デイヴィッド・ベッカム

引退後はアメリカクラブの立ち上げを行い、経営しているインテル・マイアミを今年MLSに参戦させることに成功した。

そんなクラブラウンジが公開されたのだが、なんとその中にあの名作日本製ゲームが!

ジャマイカ代表DFアルヴァス・パウエルプレーしているのは、任天堂1981年に発売したアーケードゲームドンキーコング」だ!

それにしても、なぜこのゲームがここに…。

MLSは今週末から試合が再開されるが、会場はオーランドにあるディズニーワールドリゾートのみで集中開催となる。

【関連記事】MLSの集中開催が決定!コロナ禍のアメリカ、スポーツビジネスの“いま”を識者に聞く

そのために全クラブが現在フロリダに集まって生活しており、今週末からほぼ毎日試合が行われる予定だ。

ベッカムのMLSクラブ、ラウンジに「超有名日本製ゲーム」が!