【識者コラム】混沌とするリーガ優勝争い、再開後好調なレアルと精彩を欠くバルサ

 プレミアリーグリバプールの30年ぶりの優勝、ブンデスリーガは悠々とバイエルン・ミュンヘンが8連覇を達成、セリエAはほぼユベントスで決まりそうだ。リーグ・アンはすでに打ち切られていてパリ・サンジェルマンが優勝している。欧州5大リーグの中では唯一、リーガ・エスパニョーラの行方がはっきりしない。

 再開後、好調のレアル・マドリードバルセロナを抜いてトップに出た。プレー内容から言ってもレアルの首位は妥当な気がする。選手層も厚く、ローテーションしながら勝ち進んできたのも今後に効いてくるのではないかと思う。

 メンバーを入れ替えながらなので、試合によって出来不出来はあるものの、レアルプレーにはチームとして前進していく意思が感じられる。その一つが、前線からのプレッシングだ。

 高い位置から5レーンを埋めて圧力をかけている。もともとはジョゼップ・グアルディオラ監督時代のバルセロナが得意としていた守備方法だが、再開後のレアルで最も目立つのはこのハイプレスへの意思だ。多少、チグハグなところも見られるが、ハイプレスを外された時のセルヒオ・ラモスラファエルヴァランのカバーリング能力の高さもあって、今のところ機能している。選手が代わっても守備戦術は一貫していて、レアルにしては割と珍しい統一感だ。中断期間を上手く利用できたのかもしれない。

 一方、バルセロナはキケ・セティエン監督の求心力低下も噂され、プレーぶりにもいま一つ精彩を欠いている。2-2で引き分けた第33節アトレティコ・マドリード戦は、20歳のリキ・プッチを先発起用した。プッチトップ下に置いた4-3-1-2はバルサに限らず、近頃は見なくなったシステムだ。

 バルサBから昇格してきたプッチは、かつてのシャビを思わせる技巧的なMFだが、シャビよりもさらに華奢な印象。バルサのカンテラ出身らしいとも言える。

レアルバルサに近づき、バルサは“バルサらしくなくなってきた”

 プッチは中盤のパスワークに加わるとともに、メッシとともに相手のDFとMFの隙間に入り込んでいった。あえてメッシのいるバイタルエリアに入って重なり、プッチでワンクッション作ることでメッシへパスを渡しやすくなる効果はあったように思う。重複させて、少しずらす。狭いスペースでのテクニックとすり抜ける速さは素晴らしく、メッシのような突破力はないにしても、シャビの後継者として期待は高まる。

 ただ、チームとしての進歩はそれほど見られない。アルトゥーロ・ビダルやイバン・ラキティッチの起用で中盤の守備力を安定させているものの、かつてのようなハイプレスはあまり機能しなくなった。個で解決を図るのはむしろレアル的なやり方と言えるかもしれない。

 レアルバルサは元から似たチームではあったが、レアルは少しバルサに近づき、バルサは“バルサらしくなくなってきた”ということなのだろう。
(西部謙司 / Kenji Nishibe)

守備面での変化が見られる再開後のレアル【写真:Getty Images】