授乳中のママは、定期的に搾乳(※授乳中は、ある程度のタイミングで母乳を赤ちゃんに飲んでもらうか外に出さないとたまってしまい、トラブルが起こることがあるので、母乳を搾って出すこと)しなくてはならないこともあるでしょう。

働くママなら、業務の間に搾乳なんてことも。

搾乳は、結構大変な仕事なので、「ハンズフリーでやってくれたらいいな」と思う方も多いかもしれません。

アメリカではそんなママたちにピッタリなブラがあるようです。

その名も『ハンズフリー搾乳器ブラ(Hands Free Pumping Bustier)』。実は便利さよりも見た目のインパクトすごいということで話題になっています。

材質は柔らかくつけ心地は快適で、誰のからだにもフィットするとのことですが、正直ちょっとこのデザインはどうなんだろうという印象。

でも、自宅で使うにはよさそうです。家事をしながら、搾乳ができちゃうなんて、楽チンですね。もちろん、宅配便が届いたときなどは、うっかりドアを開けないようにに気をつけなければならないですが。

テレビを観たり、リラックスしながらも搾乳。

子どもと遊んでいる時間も無駄にせず、搾乳。

さくっと搾ってしまうのではなく時間をかけて搾るものなので、ある程度の装着時間が必要ですが、家事などをしながらできるので、さほどのマイナス点にはなっていません。

あとは、人前で使うときの方法を考えるのみ。

男性用の大きなTシャツを上から着る、簡易ついたてを作る、「胸が大きくなった」と言い張るなどが考えられますが、なんだか現実的ではありません。

思い切ってママたちがみんなでカミングアウトしてこのブラを使えば、こんな搾乳光景が普通になるときがくるのかも。

この搾乳器ブラは、見た目こそアレですが、おっぱいトラブルを抱えたり、搾乳が面倒などと思っているママにとっては画期的な商品ではないでしょうか。

米国Amazonでは既に300以上のレビューがあり、しかも星5つの高評価!

日本でも、じわじわと広がっていくのかもしれない搾乳器ブラ。

いずれにしても、女性の搾乳がしやすい世の中になるといいですね!

参照:『simple wishes』

http://www.simplewishes.com/

※この記事はガジェ通ウェブライター「おひさま☆」さんが執筆しました