マクドナルド6月24日から期間限定で発売されたビーフバーガー3種類。世界各国のマクドナルドレシピをもとに、日本人に合わせて開発されたということで、どんな味なのかを、コンビニファーストフードファミレスなどのグルメに関する記事を手掛けるフードライター・松井孝司氏に実食比較してもらった。

かるびマックはビーフオンビーフのコッテリ系

マクドナルド
マクドナルドの「かるびマック」単品420円(税込)
 日本のマクドナルドからはこの「かるびマック」。日本国旗の赤と白がモチーフで、ビッグマックと同じボックス型の容器に入っている。甘辛いタレのカルビと固めの肉々しいパテのダブルの肉の旨さが味わえるが、肉の旨さより先にマヨネーズが主張してきてややくどく、肉の重たさもあるので、似た味のテリヤキよりかなり重たく感じる。肉好き、牛肉好きな方にはオススメ。

マクドナルド
「かるび」の文字に遊び心を感じる
 バンズのゴマの香ばしさとレモンソースのかかったレタスサッパリしてよかったが、マヨネーズはもう少し少なくていいかも。醤油ベースの和風なカルビハンバーガーの組み合わせが珍しく、たまにはこういうハンバーガーがあってもいいと思う。

マクドナルド
パテの上にタレのかかったカルビタップ

やみつきソースのスモーキーバーベキュー

 イギリスマクドナルドメニューから発案された「スモーキーバーベキュー」の包み紙は、イギリス国旗のデザイン。パテの下のバーベキューソースほのかに酸味のある甘辛な味わいで、スパイスが効いている。

マクドナルド
チェダーチーズが具材からはみ出す
 オニオンレタスのシャキシャキ感、チーズケチャップマイルドさ加減も相まって、マックらしい大人も子供も食べやすいシンプルハンバーガーといった印象。3つの中で一番チェダーチーズマイルドな味わいが際立っている。

マクドナルド
やや黄色がかったバンズはふんわりとした口当たり

マイティビーフオリジナルは粒ベーコンがアクセント

 カナダマクドナルドメニューから発案された「マイティビーフオリジナル」の包み紙は、カナダ国旗のデザインビーフハンバーガー3種の中でもっともボリューミーで、5cmほどの中にトマトレタス、パテの3層がしっかり折り重なっている。

マクドナルド
挟み切れないほどの分厚さ
 一見、ベーコンがないのではと思ったら、かむごとに粒状のカリカリベーコンビッツが口の中にあふれて香ばしくジューシーベーコンビッツは1枚切りとは違い、重たさも脂っこさもない。チーズマイルドさとトマトの酸味、ソースの中のブラックペッパーのアクセントもあり、全体のバランスが絶妙。飽きのこないガッツリ感で、個人的にはこれが一番好きかもしれない。

マクドナルド
トマトレタスチーズ、パテがぎっしり
 今回比較したマックの新作ビーフバーガーは、どれもマックらしい牛肉のうま味が詰まったインパクトのある一品だった。

 和風な肉の味を楽しみたいならかるびマックソースを味わいたいならスモーキーバーベキュー、野菜と肉の全体的な調和を楽しみたいならマイティビーフオリジナルと、それぞれ違ったおいしさがあるのでコンプリートしてみるのもオススメ!

TEXT/松井孝司>

【松井孝司】

雑誌やウェブなどでコンビニグルメに関する記事を手掛けるフリーライター。特にレジ横フードには目がない

左上から時計回りに、マイティビーフオリジナル、スモーキーバーベキュー、かるびマック