2020年夏にスタートする新作TVアニメの中から注目タイトルをご紹介! 「ジャンプSQ.」連載の「ド級編隊エグゼロス」、「ドラドラしゃーぷ#」連載のラブコメディ宇崎ちゃんは遊びたい!」、ベストセラーSFが原作の「日本沈没2020」、スタジオNUTのオリジナルタイトルデカダンス」、詐欺師主人公オリジナルアニメGREAT PRETENDER」。5作品をラインアップしました。

【大きな画像をもっと見る】

ド級編隊エグゼロス

エロスの源「H(エ)ネルギー」を吸い取る謎の怪人・キセイ蟲と、地球を守るヒーロー集団・エグゼロスが戦うヒーローアクションアニメ化。キセイ蟲は人々からエロスを奪って少子化を進行させるという、回りくどい計画で人類滅亡を目論む悪い奴ら。それに対峙するエグゼロスはHネルギーを増幅させて戦うが、代償として全力を出すと衣服が破れてしまう。過激なバトルをどこまで表現できるのかが見どころになるだろう。
主人公・エグゼレッドこと炎城烈人を演じるのは、数々のタイトルで主演を務めてきた松岡禎丞。放送に先駆けて配信された特別ボイスPVでは、ちょっとセクシーなささやき声で聴く者をメロメロにしている。ナレーション小山力也が担当。その声色には不思議な説得力が備わっており、男性声優陣の活躍にも期待がかかる。



宇崎ちゃんは遊びたい!

ひとりっきりのキャンパスライフを味わいた大学生・桜井真一と、やたらからんでくる後輩・宇崎花が巻き起こす青春ラブコメディ。「~ッス」口調が特徴的な宇崎ちゃんは、かわいさとウザさを兼ね備えたアンビバレンツヒロインだ。ひとり映画やひとりバッティングセンターなど、先輩の楽しみをことごとくじゃまする様子はキュートながらも腹立たしい。
彼女のシンボルともいえる「SUGOI DEKAITシャツのロゴが縦横無尽に動くPV第1弾を見れば、イライラムラムラはいやがうえにも高まっていく。声優陣はボイスコミック版から続投。PV第3弾ではかけ合いを披露しており、息もピッタリなセリフの応酬も魅力。



日本沈没2020

湯浅政明監督のNetflixオリジナルアニメ第2弾は、小松左京ベストセラーSF小説「日本沈没」が原作。1973年公開の実写映画版は、日本政府が天変地異への対応に追われる国難映画の色合いが強かったが、本作は舞台を現代に置き換えて、4人家族の視点から未曾有の大災害を映し出す。
予告編では崩壊した東京の街並みはもちろん、陸上競技スカイスポーツ、波、花火など、過去の湯浅政明作品で見られたモチーフも登場。「DEVILMAN crybaby」では永井豪の原作「デビルマン」のストーリーを踏襲しながら、ラップバトルなどの新たな要素をプラスしていたことも記憶に新しく、どのようなアレンジが加えられているのかが楽しみだ。新型コロナウイルスの感染拡大によって、東京オリンピックも延期になり、物語の前提となる日常が揺らいでいる今だからこそ見ておきたい一作。



デカダンス

幼女戦記」を手がけたアニメ制作会社 NUTのオリジナルアニメ。未知の生命体・ガドルに対抗するべく、人類は超大型の移動要塞・デカダンスを建造。その全高は何と3000メートル。本PVでは山のようなビジュアルを誇るデカダンスの姿も確認できる。圧倒的なスケール感をどう表現するのだろうか。
ストーリーはガドルと戦う戦士になることを夢見る少女ナツメが、デカダンスの装甲修理人・カブラギと出会うことで進展していく。監督は「モブサイコ100シリーズや「名探偵コナン ゼロの執行人」の立川譲。PVには空中戦も盛り込まれ、これまでの作品と同様に派手なアクションを堪能できそうだ。



GREAT PRETENDER

日本一の天才詐欺師を自称する主人公 枝村真人が、謎のフランスローラン・ティエリーと出会い、世界中の悪党を相手に信用詐欺で大金をせしめるオリジナルアニメカラフルな背景美術に導かれるように、舞台はロサンゼルスシンガポールロンドンエピソードごとに変わり、劇中で飛び交う言語も日本語、英語、フランス語スペイン語と多彩。急テンポで変化していく状況が、誰も信じられない世界観を作り上げる。
いつ騙されるのか息をつかせぬ本編はもちろん、多くのヒントが散りばめられたOPとフレディ・マーキュリーの名曲を用いたEDも見逃せない。脚本は「リーガル・ハイ」や「コンフィデンスマンJP」など、TVドラマや映画で活躍する古沢良太。今回がTVアニメ初挑戦となり、「進撃の巨人」や「甲鉄城のカバネリ」のWIT STUDIOタッグを組んだ。



(文・高橋克則)

(C) きただりょうま/集英社ド級編隊エグゼロス製作委員会
(C) 2020 丈/KADOKAWA/宇崎ちゃん製作委員会
(C)JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
(C) DECA-DENCE PROJECT
(C) WIT STUDIO/Great Pretenders
>> アニメライターが選ぶ、2020年夏アニメ注目の5作品を紹介!【アニメコラム】 の元記事はこちら
アニメライターが選ぶ、2020年夏アニメ注目の5作品を紹介!【アニメコラム】