日中は気温が30度を超える日も増えてきました。

こうなると困るのが、駐車中にサウナ並みになってしまう車内の温度。触れるもの全てが熱くなり、すぐには運転できないことも。

メルテックの「遮光マジカルシェード」なら、ドラレコの邪魔にならないように簡単装着できて、日差しをカットしてくれるのだとか。

つけ方簡単でコンパクト収納

Image: Amazon.co.jp

遮光マジカルシェード」にはワイヤーが入っているので、ワンタッチで80cm×140cm幅に広がりフロントガラスをすっぽり覆えるそうです。

使わないときは、ひねるだけで約26cm幅にたためるので、シート横のポケットに入れておけるとのこと。

Image: Amazon.co.jp

取り付け方法は、まずは広げた「遮光マジカルシェード」をダッシュボード奥に挿しこんで、マジックテープのついた上部中央をルームミラーにくくりつけ、セットします。

それから端の部分を純正ワイヤーか「遮光マジカルシェード」のワイヤーフロントガラスの枠に固定します。吸盤を使用しないので、劣化してくっつかなくなるなんてことはなさそう。

詳細はAmazonの商品ページ動画を見るとわかりやすいですよ。

遮光率99%で日差しをカット、車内での火傷対策に

Image: Amazon.co.jp

自動車ガラス販売を行うオートグラスのサイトによると、夏場にフロントガラスに遮光をせずに駐車しておくと、70度以上になる部分もあるのだとか。特にダッシュボードハンドルは熱くなりやすく、素手で5秒以上触ると火傷の恐れもあるそうです。

遮光マジカルシェード」は遮光率が99%とのこと。上の画像によると、装着した場合の車内温度は、つけていない場合と比較するとかなり差がありますね。

最も熱くなると言われているダッシュボードは25度低く、ハンドルは21度低くなっています。

Image: Amazon.co.jp

しかも、収納袋はハンドルカバーとしても使えるそうなので、二重の対策ができるのもポイントです。

ドライブレコーダーを装着したまま使える

Image: Amazon.co.jp

昨今はドライブレコーダーを搭載している車が増えています。「遮光マジカルシェード」は、真ん中に切り込みが入っているので、ドライブレコーダーがあってもフロントガラスを覆えるとのこと。

サイズS/M/L/LLの4種類。車種によって適応するサイズが分かれているので、商品を取り扱う大自工業が公式サイトで掲載している「適合目安表」を参考に選ぶと良いでしょう。

梅雨が明けたら、一気に暑くなります。「遮光マジカルシェード」を車に備えて今から対策をしてはいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Push メルテック フロントサンシェード 遮光マジカルシェード Lサイズ 遮光率99%&UVカット 収納袋付 ドラレコにも対応 シルバー/ブラック W1400×H800mm PMS-L

1749円

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

Reference: オートグラス, 大自工業株式会社