気象庁は4日の明け方、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報を発表しました。
午後5時現在、熊本県の大雨特別警報は大雨警報に切り替えられ、鹿児島県では大雨注意報に変わりましたが、これまでの記録的な大雨によって土砂災害の危険が非常に高い状態が続いています。5日も、九州から東北の太平洋側を中心に雨が降り、雷を伴って激しく降る所もある予想です。特に九州南部では、非常に激しい雨の降る所がある見込みですので、引き続き河川の増水や氾濫に最大級の警戒をしてください。また、土砂災害や低い土地の浸水に厳重な警戒が必要です。
四国や近畿、東海でも、これまでの雨で土の中の水分量が多くなっている地域があります。これらの地域でも大雨による土砂災害などに警戒してください。

来週も九州から東北にかけては雨が続き、大雨となる所がある見込みです。避難場所を再度確認するなど、梅雨末期の大雨に備えてください。

(気象予報士・原田 雅成)

5日(日)午後6時の雨の予想