安斉かれんと三浦翔平がW主演を務める土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15‐0:05、テレビ朝日系/ ABEMAで独占配信)が7月4日(土)に最終回を迎える。

【写真を見る】安斉かれんがこだわるメイクのポイントは“アイライン”

ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでに秘められた出会いと別れを描く小松成美の同名小説を映像化。鈴木おさむが脚本を担当し、数多くの人々を魅了してきた。

今回、「M 愛すべき人がいて」で主演を務め、“スターを夢見る”学生時代から“夢をつかみスターになった”歌姫・アユになるまでを見事に演じてきた安斉にインタビューを実施。最終回への思いや印象に残るシーンなどを聞いた。

■ 安斉かれんが「M」を振り返る

――いよいよ最終回ですね。今の気持ちは?

「ヤバー!マジヤバー!」という感じです(笑)。正直、もう最終回かと思うと寂しい気持ちもありますけど…。

――SNSドラマへの反響がすごいですが、SNSを見たりしますか?

「M 愛すべき人がいて」の関連ワードTwitterのトレンドに入っていると必ず見ちゃいます!「アユが成長した」「アユ大好き」というツイートを発見するとすごくうれしく思います。

――「アユの秘密日記」は実際に安斉さんが更新していますか?

視聴者の皆さんにもっとドラマを楽しんでもらうために、チーム「M」のみんなと一緒に考えて更新しています。手紙や写真に書いてある文字は実際に私が書かせてもらっています。私も「アユの秘密日記」を見るのが好きです、写真がエモいですよねー

――ドラマの舞台は1990年代ですが、もし自分が1990年代のJKだったらやりたいことは?

日サロ(日焼けサロン)とディスコに行ってみたい! 90年代ギャルって絶対楽しいですよね、私も体験してみたかったな! 

■ 安斉「ピュアな思いが一番詰まっている」

――浜崎さんの楽曲で一番好きな曲は?

いっぱいありますけど、マサとの関係を含めて、とてもすてきだなと思ったのは、「YOU」です。

きれいな歌詞というのはもちろんですけど、マサを思って書いた真っすぐでピュアな思いが一番詰まっているように感じます。

実際に(アユの宣伝活動のために)部下を叱りつけたり、ごみ箱を蹴り上げたり、仕事面でマサが悪魔のようになってしまうシーンや、そんなマサのどこか疲れたような横顔を見たアユが「私に何ができるのだろう?どうしてうまく歌えないのだろう?」と悩みながら過ごすシーンを撮った後に、改めて「YOU」を聞いて、この歌、好きだなと思いました。

――マサのような男性はどうですか?

…三浦さんが演じるマサですよね?(笑)。私はすてきだと思います。マサはアユとはお互いの人生を変えた仲ですし、人生を懸けてアユのために頑張ってくれるマサの情熱は魅力ですよ。

もし、実際マサが同じ世界にいたらどのカテゴリーに入るかは分かりません (笑)。恋人、友達、家族、…想像がつかない!

――アユが一番変わったなと思った瞬間は?

最初の頃は、ジュースを掛けられたりしても反撃することがなかったです。アユはいじめられて悔しい気持ちや悲しい気持ちを、歌詞を書くことで、乗り越えてきました。そんなアユが、仕返しとまでは言いませんが、第5話くらいから嫌なことやきついことを言われても言い返すようになったんです。その頃がちょうどアユに自信が付いてきた頃であり、変わったな、成長したなと感じた瞬間でした。

――印象的なシーンは?

これも選べないくらいいっぱいあるな~! 水野美紀さんが出てくるニューヨークの衝撃シーンは大変だったけれど面白かったです。

――水野さんはどんな方でしたか?

カメラが回っていない空き時間でお話しするとめちゃめちゃ優しい方ですけど、カメラが回ると急変しちゃいます。水野さんとのシーンは、私にとって、初めてのアドリブだったので付いていくのがものすごく大変でした。

水野さんのことはテレビを見ていて前から知っていましたが、改めて「すごい女優さんだ」と肌で感じることができました。

[■ 安斉「目元だけ自分でメイクしています」

――強烈キャラクターとして話題な礼香を演じる田中みな実さんとのシーンで印象的なエピソードは?

アユが礼香に「許さなーーーーーーい」と言われるシーンでは、田中さんの表情や言い方に笑わないように必死で堪えていました。

最近はそのせりふを遥かに超えるシーンなども数多く、話が進むごとにさらに強烈になっていくので堪えきれずに笑ってしまうことが多かったです(笑)

――忙しいドラマの撮影中でも、きれいな肌を保つためこれだけはやっているということは?

どんなに夜が遅くて朝が早くても必ずメイクだけはしっかり落とすようにしています。撮影現場では、メイクさんが美顔器を毎日持ってきてくれて、それを使っていました。

――アユのメイクは全て、メイクさんですか?

最近は目元だけ自分でメイクしています。目元以外の部分やPVを撮影するような特殊なシーンは髪形も含め、メイクさんにお任せしています。

――目元のメイクのこだわりポイントは?

アイラインですね。一番難しい部分であり、アイラインが変わるだけで人は顔つきが変わると考えています。

自分の顔を一番分かっているのは自分なので、自信がなかったアユと自信を付けたアユとの変化をはっきりさせるために、目元だけは自分でメイクをするようになりました。

最終回への思いを語る安斉

――「M 愛すべき人がいて」は安斉さんにとってどんな存在になりましたか?

このドラマは私の一生の思い出です。ドラマの現場に入ることやお芝居をすること、今まではソロ活動が中心だったので、誰かと何かを一緒に作ることも全て初めてでした。右も左も分からない私を、共演者やスタッフの方が優しく温かく受け入れてくれました。

初めての作品が「M 愛すべき人がいて」で本当に良かったなと思っています。

――最終回の見どころを教えてください。

1話から6話というのは笑いの要素があったと思いますが、最終回最終回にふさわしく、すべてのことがまとまっています。原作の小説にもあるマサとの別れのシーンがあったりするので切ない気持ちになると思います。

また、マサとアユ以外のみんなが成長した姿も見られます。最終回が一番「M」らしく仕上がったと自信を持って言えます。

――視聴者の方にメッセージをお願いします。

いよいよ最終回を迎えます。これで終わりかと思うと寂しいですが、最後の最後までアユとマサがどうなるのかを見届けてくれたらうれしいです。ぜひ、ご覧ください!(ザテレビジョン

「M 愛すべき人がいて」で主演を務める安斉かれんにインタビュー