土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)最終回の興奮冷めやらぬ7月4日深夜、スピンオフ作品「L 礼香の真実」(ABEMA)の5~7話が配信スタートした。5話では、3・4話でも強烈な存在感を放ったガリ勉高校生・工藤真一(前原滉)の狂気あふれる“その後”が描かれる。(※以下、「L 礼香の真実」5話までのネタバレを含みます)

【写真を見る】恐怖…!! 礼香(中川梨花)に馬乗りになり攻める真一(前原滉)!

■ 馬乗りになって包丁を…

「L 礼香の真実」は「M 愛すべき人がいて」で異彩を放つキャラクター、“眼帯秘書”姫野礼香(田中みな実)の初恋を綴るスピンオフ作品。1話あたり10分弱のショートエピソードで、鈴木おさむが脚本を担当。ABEMAプレミアム会員限定で1話から4話までが6月27日から、5話から7話までが7月4日深夜から配信されている。

5話は引き続き、高校時代の礼香(中川梨花)のエピソード

初恋の相手で学年トップの成績だった正幸(中尾暢樹)のため、嫌味なライバル・真一にブルマ姿でキスを迫るなど色仕掛けで狂わせた礼香。真一はしばらく学校を休んでいたが、恐怖のストーカーとなって再び礼香の前に現れた。

「礼香ちゃん!勉強教えてあげるから」とうすら笑いで迫ってきた真一。礼香が逃げると包丁を取り出し「逃げるなよ!逃げるならさぁ…逃げられないようにさぁ…脚のアキレス腱切っちゃおうかなぁ!人間の体って単純だもんねぇ!」と迫った。

礼香に馬乗りになり、「礼香…好きだよ…」と包丁を振り下ろした真一。そして、「M―」本編にもなかったほどの強烈な愛憎劇が幕を下ろした。

■ 「あな番」新管理人のあの人!

真一役で強烈な印象を残した前原は、1992年11月20日まれの27歳。

大河ドラマおんな城主 直虎」(2016年NHK総合ほか)や映画「あゝ、荒野」(2017年)など多数の映画・ドラマ出演を重ね、連続テレビ小説まんぷく」(2018-2019年NHK総合ほか)で演じた「たちばな塩業」(通称“塩軍団”)の最年少メンバー、坊主に丸メガネ姿でいつも笑顔のムードメーカー・“小松原くん”こと小松原完二役で一躍注目を集めた。

2019年には話題を集めたドラマ「あなたの番です」に第8話から参加。連続殺人事件が巻き起こるマンション「キウンクエ蔵前」に派遣された新管理人・蓬田蓮太郎を好演した。

妙に軽いテンションやる気がなさそうな反面、401号室に住むゴミライター・木下あかね(山田真歩)に好意を抱くなど個性的なキャラクター。殺伐としたドラマに癒しの風を吹き込んだ。

癒やしキャラから狂気の役まで幅広くこなし爪痕を残してきた前原。今後は今夏スタートドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)に安部大吾役でレギュラー出演するほか、木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系 ※初回は夜10:00-11:09)の7月16日(木)初回にも登場する。今後の活躍にも注目が集まる。(ザテレビジョン

「L 礼香の真実」 (C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.