犬が雨に濡れないように

犬が雨に濡れないように傘を差しだした警備員 image credit:Crisp Rat@MelGracie_/Twitter

 ふいに誰かのやさしさを垣間見た時、心がポッと温かくなる。そんな出来事が、つい最近イギリスで起こり、Twitterで拡散した。

 とあるスーパーの店の外で、雨の中、飼い主の戻りを待ち続けていた犬に、警備員が傘を差しかけていたのだ。

 雨は突然降ってきたようで、外のポールに繋がれていた犬はどうすることもできない状態だったが、犬が濡れていることに気付いた警備員のおかげで、ずぶ濡れにならずに済んだようだ。

 警備員の犬に対する心温まる対応に、ネット上では称賛の声が寄せられた。『Go Animals』などが伝えている。

―あわせて読みたい―

雪の降る中、寒さでうずくまっていた野良犬。その野良犬を放っておけなくて、自らの上着を与え去って行った男性(トルコ)
大雨の中、店の外に繋がれていた犬を発見した店員男性、犬が濡れないようジャケットを被せてあげる(アイルランド)
車にひかれてしまった犬の隣に座り、救急部隊がくるまで言葉をかけながら励まし続けていた警官の姿(アメリカ)
肉球に傷を負った野良犬が、助けを求めに薬局にやってきた。トルコには犬にやさしい薬局があり、治療を施してくれる。
郵便局の前にいた犬はとても大きなジャケットを着ていた。それにはこんな暖かい事情があった(アメリカ)

雨の中待っていた犬に警備員が傘を差しかける

 6月29日イギリススーパーチェーン『Morrisons(モリソンズ)』の外で、メル・グレイシーさんは心温まる光景を目にした。

 スーパーの警備員の男性が、雨降る中、店内に買い物に入った飼い主をじっと待っている犬に傘を差しかけてあげていたのだ。


 犬が飼い主に繋がれた時、雨は降っていなかったようだ。しかし突然激しく降り出した雨に、繋がれた犬はずぶ濡れになる以外なす術もない。

 そんな犬を見た警備員の男性は、犬がそれ以上濡れないようにと傘を差しかけてやった。

 やさしい光景を目にしたグレイシーさんが声をかけると、警備員は「犬だって雨に濡れたくないと思っているかもしれないしね」と話したという。

 その後、グレイシーさんのTwitterで写真がシェアされると、たちまち拡散した。

犬の飼い主も警備員に感謝のツイート

 果たして、警備員はイーサン・デアマンさんという人物であること、犬の飼い主のツイートにより、犬はフレディーという名前であることが判明した。


 デアマンさんは、Twitterで「今日、多くの人をハッピーにしたみたい」とツイート

 一方、フレディーの飼い主デイヴィッドチェリーさんは、デアマンさんへの感謝の気持ちをこのようにツイートし、フレディーの子犬の頃の写真をシェア


彼は、いつも(客として来る)私の兄や父、そしてフレディーにとても親切にしてくれます。フレディーが濡れないように傘を差しかけてくれて、本当にありがとう。

いつも互いにケアし合うコミュニティー精神はとてもいいと思う。こういう素敵な出来事を聞くと嬉しくなるよね。



 その後、デアマンさんはこのように話している。
自分の犬ではない犬を勝手に動かすわけにはいかないので、せめて傘を差しかけて、雨に濡れないようにしてやろうと思いました。

 また、仕事中にこういう行為ができたのも、同僚たちのおかげでもあるとツイート


普段からのスタッフ間のチームワークがなければ、できなかったことです。同僚たちが入り口で人数制限をしっかりとしてくれていたからこそ、私はフレディーに傘を差しかけてやりながら、顧客の列を監視することができたのです。

 デアマンさんの親切行為は、決して大きなものではなかっただろう。しかし、ちょっとしたやさしさが、多くの人の心に沁みたことは間違いない。

 Twitterには、「どうかこの心優しき警備員の給料を上げてやって!」「そうだよね。犬だってずぶ濡れになるのが嫌かもしれないもんね。やさしいなぁ」「直接彼のことを知らないけど、とてもいい人だというのがわかる」「犬も濡れずに済んで幸せそうだ」「全ての警備員が彼みたいだったらいいのに」「この写真を見て心温まったよ。ありがとう!」といった称賛の声が相次いでいる。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292412.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

子猫の成長記録。同じ構図で撮影した生後3か月の時と3歳の時を比較してみた
レストランで売り物のサメが出産?フトツノザメのお母さんと赤ちゃん、無事に海に帰る
元気のない親友のためにベッドを運んであげるやさしい犬(アメリカ)
民家の裏庭でフクロウと飼い猫が遭遇。フクロウ巨大化の術を展開
愛犬の一気食い防止策なのか?パクパクカバVSハスキーの攻防戦

―画像の紹介記事―

ファミチキ?美味しそうなフライドチキン!と思ったらがっちり固い鉱物だった(アメリカ)
現場からは以上です!高額のワインに車、MRIに太陽光発電所。大損害を伴った15の事故現場
家の中にマンホール?ネットで見つけた7つのすごい光景
犬の猫化。猫2匹のいる家にやってきた保護犬の場合、すっかり自分を猫と思い込む
飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
雨の中、飼い主を外で待つ犬に傘を差しかけ続けた警備員(イギリス)