7月4日深夜、最終回を迎えたばかりの土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)のスピンオフ作品「L 礼香の真実」(ABEMA)の5~7話が配信スタートした。7話で描かれたのは、姫野礼香(田中みな実)の初恋の結末。最後まで掴み切れないと思われた姫野礼香というキャラクターの本当の顔が垣間見える仕掛けは圧巻。そして後半では三浦翔平が「M―」最終回から2年後のマサ役で登場し、“Mロス”を訴えるファンへの嬉しいサプライズとなった。(※以下、「L 礼香の真実」7話までのネタバレを含みます)

【写真を見る】“あの頃”を笑顔で語れるようになった「M―」から2年後のマサ(三浦翔平)と礼香(田中みな実)

■ ついに告白「正幸くんがずっと好きだった」

「L 礼香の真実」は「M 愛すべき人がいて」で異彩を放つキャラクター、“眼帯秘書”姫野礼香(田中みな実)の初恋を綴るスピンオフ作品。

1話あたり10分弱のショートエピソードで、鈴木おさむが脚本を担当。ABEMAプレミアム会員限定で1話から4話までが27日から、5話から7話までが4日深夜から配信されている。

7話では、高校時代の礼香(中川梨花)と初恋の相手・正幸(中尾暢樹)の恋の結末が描かれた。

これまで礼香がやってきた狂気の行いを知り、「本当だったんだ…」と言葉を失った正幸。

礼香は「正幸くんがずっと好きだった」「勝手に好きになって、周りの人を不幸にして…ごめんなさいごめんなさい」と打ち明け、「でもね、正幸くんにウザいと思われながら生きていくのはイヤ。あたし…死ぬね」と自分自身を追い詰めた。

これまで正幸や自分にとって邪魔な相手にぶつけてきた憎しみや狂気が、自分自身、そして愛する正幸本人に向いた。深く愛しすぎたゆえの狂気には哀しみの色が宿り、礼香という女性の弱い部分がふと垣間見えるクライマックスとなった。

■ 2年後のマサ登場…礼香へのひと言が沁みる

「M―」ではエキセントリックな面が強調されていた礼香。それだけに、スピンオフ最終話で描かれた一途で愛情深い面は印象的で、妙に心に残る。「結局は追っていたいのよ、私」という礼香のつぶやきに共感する女性は多いだろう。

高校時代の礼香を熱演してきた中川は、礼香について「悪女ではないのでは、と思っていて。正幸くんを愛している、それだけ一途なゆえにそういうこと(狂気)が出てしまうというところでは、一本芯が通った愛がある素敵な女性なんじゃないかなと思います」と分析。正幸を演じた中尾は礼香を「頭がいい人。最後のシーンまで礼香の悪いところは見えない」と称える。

7話後半では、「M―」最終回の2年後、「A VICTORY」の社長となったマサ(三浦)と礼香(田中)の姿も描かれる。

礼香のいきつけのバーを訪れたマサは「結局、俺の心にいつも火をつけてくれてたのは礼香だったかな」とポツリ。「M―」「L―」とさんざん礼香の狂気を目の当たりにした後だけに、マサと礼香の間に垣間見える信頼の絆にふと救われたような気持ちになる。

だが、その後マサに「好きな人ができたんだ」と打ち明ける礼香の表情にはまた、得体の知れない狂気の笑みが浮かんでいた…。本編、スピンオフを通してもまだまだすべてを語り尽くすことのできない女性・姫野礼香、そして、そんなキャラクターを生み出した鈴木おさむ脚本の深淵ぶりにおののくばかりだ。(文=ザテレビジョンドラマ部)(ザテレビジョン

「L 礼香の真実」 (C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.