山里亮太 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ南海キャンディーズ』の山里亮太が、7月3日放送のバラエティー番組『中居正広金曜日スマイルたちへ』(TBS系)の2時間スペシャルに出演。ゲストの人生を振り返る新企画『(金)ライブラリー』に登場し、これまで出演したTBSの番組、のべ1051本の中から選りすぐりのお宝映像が放送された。

【関連】山里亮太“1カ月ぶり”SNSに嫌悪のまなざし「逃げ切ったと思ってそう」 ほか

番組には相方のしずちゃんも登場。2006年公開の映画『フラガール』で、第30回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したしずちゃんに山里が嫉妬し、絶縁状態だった当時の様子や、10年間不仲だった2人が仲直りした瞬間の貴重映像なども紹介された。

「番組では山里と蒼井優の結婚裏話も披露され、丸々2時間‶山里亮太ショー〟といった内容。ファンは大満足したようです。しかし一方で、山里がMCを務めていた番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(フジテレビ系Netflix)に関する騒動を巡って、非難の声が上がっています。この時期に山里を持ち上げるような企画に、ネット上では『炎上の火消しにしか思えない』などと、うがった見方をする人も多くいます」(エンタメ誌記者)

 

山里亮太『金スマ』で感動を呼ぶも嫌悪の声「顔すら見たくない!」

山里をフィーチャーした『金スマ』に嫌悪の声

ネット上では、

おいおい何で今、山里を取り上げてんだよ。TBS空気読めよ》
山ちゃんの感動秘話とかどうでもよくね。まだテラハ問題収まってないだろうが》
《この企画大失敗だろ。誰が山ちゃん貴重映像とか見たいんだよ。むしろ、顔すら見たくないんだが》
《こうやってちょっと時間がたっただけで、何事もなかったようにこんな番組が作られちゃうんだよな》
《山里アウトー! 今、はしゃぐような立場にないだろ》

など、非難の声が殺到している。

山里は5月24日に、自身のツイッターで《このたびは木村花さんの訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。突然のことに、どう言葉を発してよいか分からず、時間が過ぎてしまいました。それは木村さんのことを考えると、すぐに言葉の整理ができませんでした。そのような不安定な状態で、自身の発した言葉がどのように解釈されるのかが分からず、しばらく言葉を発することに躊躇をしてしまいました。今、現実を受け止めて、なぜ画面の中で力強く立ち振る舞っているその姿の裏にある苦悩に気付けなかったのか、何かできることはなかったのかと強く感じています。ご冥福を心よりお祈り申し上げます》などとツイート。その後、約1カ月間沈黙を守っていたが、6月24日ツイッターを再開している。

木村さんの痛ましい出来事に対して、十分な検証も済んでいない中での今回の金スマの放送。時期尚早だったのは否めないかもしれない。