7月4日から5日にかけてセリエA第30節が各地で行われた。

 首位ユヴェントスホームでトリノとの“トリノ・ダービー”を戦った。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがエリア内での華麗なボールさばきで先制に成功すると、その後コロンビア代表MFフアン・クアドラードが追加点を挙げる。前半終了間際にトリノが1点を返すが、後半もポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドフリーキック弾などで再び突き放したユヴェントスダービーを4-1で勝利した。

 2位ラツィオホームミランを迎えた。首位猛追のためにも勝ち星を挙げたかったラツィオだが、ミランの23分のトルコ代表MFハカンチャルハノールのゴールを皮切りに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのPKとクロアチア代表FWアンテ・レビッチゴールで3-0の完封負け。ユヴェントスとの勝ち点差は「7」に広がった。

 3位インテル冨安健洋が所属するボローニャとホームで対戦した。22分にベルギー代表FWロメル・ルカクが先制して前半を折り返すと、57分にボローニャが退場者を出して数的優位に。しかし74分に同点弾を返されるとそのわずか3分後にはインテルも退場者を出してしまう。すると80分にボローニャのガンビア人FWムサ・バロウが決勝点を挙げてボローニャが逆転勝利した。なお、冨安は65分まで出場している。

 吉田麻也がフル出場を果たしたサンプドリアホームでSPALと対戦。ポーランド人MFカルロ・リネティの2ゴールなどで3-0で快勝を収めている。また、ナポリローマの一戦は、82分にイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの決勝弾が決まり、2-1でナポリが勝利した。

セリエA第30節
ユヴェントス 4-1 トリノ
サッスオーロ 4-2 レッチェ
ラツィオ 0-3 ミラン
インテル 1-2 ボローニャ
サンプドリア 3-0 SPAL
カリアリ 0-1 アタラン
ブレシア 2-0 ヴェローナ
ウディネーゼ 2-2 ジェノア
パルマ 1-2 フィオレンティーナ
ナポリ 2-1 ローマ

セリエA第30節順位表
1位 ユヴェントス(勝ち点75)
2位 ラツィオ(勝ち点68)
3位インテル(勝ち点64)
4位 アタランタ(勝ち点63)
5位 ローマ(勝ち点48)
6位 ナポリ(勝ち点48)
7位 ミラン(勝ち点46)
8位 ヴェローナ(勝ち点42)
9位 ボローニャ(勝ち点41)
10位 サッスオーロ(勝ち点40)
11位 カリアリ(勝ち点39)
12位 パルマ(勝ち点39)
13位 フィオレンティーナ(勝ち点34)
14位 サンプドリア(勝ち点32)
15位 ウディネーゼ(勝ち点32)
16位 トリノ(勝ち点31)
17位 ジェノア(勝ち点27)
18位 レッチェ(勝ち点25)
19位 ブレシア(勝ち点21)
20位 SPAL(勝ち点19)

セリエA第31節
レッチェ vs ラツィオ
ミラン vs ユヴェントス
ジェノア vs ナポリ
フィオレンティーナ vs カリアリ
タランタ vs サンプドリア
ボローニャ vs サッスオーロ
トリノ vs ブレシア
ローマ vs パルマ
SPAL vs ウディネーゼ
ヴェローナ vs インテル

セリエA第30節が各地で行われた [写真]=Getty Images