アラベスは5日、 アシエル・ガリターノ監督(50)の解任を発表した。

ガリターノ監督は、長年レガネスで指揮を執っており、2018年7月にはレアルソシエダの監督に就任。しかし、成績不振により同年12月に解任されていた。

2019年7月にアラベスの監督に就任すると、なかなか成績が上がらずチームは現在勝ち点35で15位。降格圏の18位マジョルカとは勝ち点差6となっており、厳しい状況に立たされていた。

また、再開後は7試合を戦い1勝6敗と最悪の状況。4日のレアル・バジャドリー戦でも1-0で敗れ5連敗を喫し、解任となった。

残り4試合での監督交代が吉と出るか。後任は早急に発表するとしている。なお、次節は10日に首位のレアル・マドリーと対戦する。

サムネイル画像