サンプドリア日本代表DF吉田麻也が、SPAL戦を振り返った。

サンプドリアは5日、セリエA第30節で再開のSPALと対戦。吉田麻也は先発フル出場を果たした。


試合は12分にカロル・リネティのゴールで先制すると、45分にマノロ・ガッビアディーニが直接FKを決めて2点目。さらに、前半アディショナルタイム3分にはリネティが2点目を決めて、3-0と勝利した。

前節のレッチェ戦に続き、残留を争う直接の相手との対戦で連勝した吉田は自身のツイッター(@MayaYoshida3)を更新。イタリア語で「疲れたけど気持ち良い」とし、続けて日本語で「デカイ勝利!」と綴った。

この連勝でサンプドリアは勝ち点6を積み上げ、残留ラインと7ポイント差に。残り8試合で残留を目指す。

サムネイル画像